女性

子どもが片づけ上手になるには、ちょっとした仕組み作りが大切だった

レタスクラブニュース 2017年3月2日 6時30分 配信

子どもには中身が見えるボックスがおすすめ。名前などのラべリングも忘れずに。
拡大写真

子どもには中身が見えるボックスがおすすめ。名前などのラべリングも忘れずに。

撮影/井坂英彰

  • 【写真で見る】 本棚の整とん術。下段は子どもの絵本、上段は大人の本。色で分けて、一目でわかりやすいように収納
  • 薬箱もラべリング。子どもが引き出しても危なくないように、中身を詰め込まず軽めに

ママだけががんばっても、いつのまにか部屋はゴチャゴチャ、子どもを怒ってばかり…。そんな人、多いのでは? 実は片づけや収納の仕組みに問題があるのかもしれません。「いつでもスッキリ」「子どもが自分から片づける」ちょっとしたコツを、収納のプロ、吉川永里子さんに伝授いただきました!

■子どもでもわかりやすい収納方法にしよう

子どもが手に取りやすい棚の下段に、中身が見える窓つきのボックスを入れておもちゃを収納しています。取っ手には子どもの名のラベルをつけることで、子どもに「自分のおもちゃ」と自覚させ、子ども自身で管理させやすくしています。

■おもちゃを広げられる範囲を決めておこう

子どもが遊ぶスペースは、おもちゃの棚の前の空間だけにしてます。隣の部屋のリビングとの境にある引き戸のレールを目印に、「この線の内側で遊ぶぶんには口を出さない」と決めれば、おもちゃの散乱を防げますし、イライラもしません。

■色で大人用と子ども用を分ける

子どもは原色が好きなので、絵本はそのまま取り出しやすい棚の下段に。さわられたくない大人の本はモノトーンのカバーをかけ、色味を抑えることで、子どもの興味を引かずに済みます。念のため、突っ張り棒を使って、大人の本を取りづらくする工夫も施しています。

■子どもにも共有物の場所を認識させておく

薬箱や文房具など、家族全員が使うものは、子どもでも取りやすいボックスにラベリングして収納しています。子どもが出し入れしやすい環境を作ることで、お片づけ習慣を身に着けやすくなります。ワンアクションで出し入れできる収納アイテム、収納法がポイントです。

■お片づけのアドバイスは出来るだけ具体的に

どうしても『いる?』と聞かれると、子どもは『いる』としか答えません。『どれが好きか選んでみよう』『これはどうやって遊ぶ?』と具体的に聞くと、子どもも要・不要を判断しやすくなります。

また、ほかのポイントとして、「手伝えば親から喜ばれると学習すると、子どもは自分からやりたくなります」と吉川さん。手出しは控えて、お片づけがひとつできるようになったら思い切りほめてあげることも大切。しっかり片づけられる仕組みを作ったら、早速実践してみましょう!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

教えてくれたのは 吉川永里子さん
収納スタイリスト。おしゃれな見た目と使いやすさを両立した整理収納法で、若い女性を中心に人気。

  • 子どもには中身が見えるボックスがおすすめ。名前などのラべリングも忘れずに。
  • 【写真で見る】 本棚の整とん術。下段は子どもの絵本、上段は大人の本。色で分けて、一目でわかりやすいように収納
  • 薬箱もラべリング。子どもが引き出しても危なくないように、中身を詰め込まず軽めに

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!