おでかけ

【京都らしい体験】人気1位!誰もが一度はやってみたい「花魁」体験レポート

関西ウォーカー 2017年3月15日 6時00分 配信

すべての写真を見る(10件)
花魁に変身といえば、舞妓と同じく京都らしい体験の大定番。しかし、関西ウォーカーで行った事前の読者アンケートでも人気1位(※舞妓体験も同率1位)ながら、やったことがない人も多いと聞く。そこで、メイク、撮影、写真の補正まで良心的な料金で楽しめる「夢工房」での花魁体験をレポート!

【花魁の特徴】花魁とは、18世紀中ごろ、江戸・吉原の遊郭の遊女で位の高い者のことを呼んだ。外出時はすそをたくし上げ短い着姿に。<抜き襟>うなじから背中まで見えるように後ろえりを開け、前は品よく詰める。<お引きずり>床に引きずるような長い丈で下半身が末広がりになっていた。<高下駄>花魁道中では高下駄を履き、八文字という独特の足運びで練り歩いた。

<1>舞妓とは対照的に色っぽく仕上げる。スタッフに成りたいイメージを伝えよう!

<1>着物の色に合わせたアイシャドウ、付けまつげ、マスカラ、チークでメイクは完了。

<2>バランスを見ながらかんざしをどんどん挿していき、あでやかな花魁ヘアに。

<2>ヘアアレンジは、縦盛り、横盛り、おまかせなどスタッフと相談して決められる。

<3>前結びの帯が花魁の着付け。帯の豪華さが目立つように前結びにされていたと言われている。

<4>座ったり、後ろ姿を見せたり、あらゆる角度から撮影。表情もカメラマンが指示してくれる。

<4>着物の上に打掛を着た撮影は、さらに豪華な雰囲気。木村英輝氏が手がけた壁画をバックに撮影。

京都らしい町家造の「夢工房 京都駅前本店」。子供や男性用のプランもあり家族でも楽しめる。

<体験DATA>料金:花魁体験椿プラン8640円(ヘアメイク、着付、8ポーズ撮影、2L写真3枚、フォトカード1枚)/時間:10:00~17:00、土・日・祝9:00~17:00/所要時間:180分/予約:要(電話)※当日でも可

【関西ウォーカー編集部】

■夢工房 京都駅前本店
住所:京都市下京区南町511 夢工房ビル
電話:0120-015-225
時間:10:00~19:00、土・日・祝9:00~19:00
定休日:なし
駐車場:なし
交通:京都駅より徒歩10分

※情報は関西ウォーカー(2017年3月7日発売号)に掲載の「京都で一度やってみたい体験18選」特集より

  • 選んだ写真を郵送してくれるのは舞妓体験と同じ。写真補正は1500円~。写真の枚数を増やしたり、CD-Rにしたり、ストラップなどへの加工も可能(別料金)/夢工房 京都駅前本店
  • 【写真を見る】舞妓とは対照的に色っぽく仕上げる/夢工房 京都駅前本店
  • 着物の色に合わせたアイシャドウ、付けまつげ、マスカラ、チークでメイクは完了/夢工房 京都駅前本店
  • バランスを見ながらかんざしをどんどん挿していき、あでやかな花魁ヘアに/夢工房 京都駅前本店
  • ヘアアレンジは、縦盛り、横盛り、おまかせなどスタッフと相談/夢工房 京都駅前本店
  • 前結びの帯が花魁の着付け/夢工房 京都駅前本店
  • あらゆる角度から撮影/夢工房 京都駅前本店
  • 木村英輝氏が手がけた壁画をバックに撮影/夢工房 京都駅前本店
  • 花魁道中では高下駄を履き、八文字という独特の足運びで練り歩いた/夢工房 京都駅前本店
  • 京都らしい町家造の「夢工房 京都駅前本店」

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!