ライフスタイル

こんなにも高い…“津波がわかる広告”ヤフーが込めた思いとは?

東京ウォーカー(全国版) 2017年3月9日 12時06分 配信

ヤフーは3月12日(日)まで、銀座ソニービルに2011年3月11日の東日本大震災で発生した最大津波16.7メートルを“想像”できる防災広告を掲示している。

すべての写真を見る(2件)
東日本大震災では、最大16.7メートルの津波が東北地方の太平洋沿岸を襲い、甚大な被害をもたらした。本広告は、数字ではイメージが難しい“津波”の高さを、ビルを利用し示すことで3.11の様子をわかりやすく示している。津波の高さは、銀座ソニービル全31メートルの真ん中あたりの赤いライン。こう見ると津波がいかに巨大だったか理解できるだろう。なぜこのような広告を掲示しているのか、ヤフーの広報担当者にこの広告に込めた思いを聞いてみた。

ヤフーの思い“防災は、想像から”

――今回、どのような意図でこのような広告掲示に至ったのでしょうか?

「ヤフーは災害があった時に、ひとりでも多くの方の防災につなげるため、災害や防災に関する情報を届けています。震災の記憶の風化が叫ばれるなか、東日本大震災当時のことを思い返し、そして、改めて災害の脅威を想像して、防災意識を高めていただきたいと考え、今回、この広告掲示に至りました」

――なぜ銀座という場所、またソニービルなのでしょうか?

「ひとりでも多くの方の防災に繋げるために、人々の記憶に残る印象的な媒体で伝えたい思い、今まで色々なメッセージを発信してきたソニービルが閉館する前に、東京の真ん中の銀座にあるソニービルで実施したいと考えました」

――この広告を見た人に何を感じてもらいたいですか?

「今回の広告のテーマは“防災は、想像から。”としています。震災から6年が経っていますが、この広告を見て改めて災害の脅威を想像し、防災の大切さを感じて、ひとりでも多くの方の防災につながればと考えています」とコメント。

ヤフーは今後も防災キャンペーンを実施していく予定だ。震災から6年、この広告を機に、今一度災害の脅威を感じることで、防災の大切さを再確認して欲しい。【ウォーカープラス編集部/コダマタイチ】

  • イメージが難しい“津波”の高さを、ビルを利用し示すことで3.11の様子をわかりやすく示している
  • 【写真を見る】赤いラインが津波の高さ

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!