映画

大女優グレン・クローズが徹底して男性を装った演技がすごすぎる

MovieWalker 2013年1月13日 11時30分 配信

19世紀のアイルランドが舞台だが、そこで語られているのは失った自分の再発見という普遍的なテーマだ
拡大写真

19世紀のアイルランドが舞台だが、そこで語られているのは失った自分の再発見という普遍的なテーマだ

[c]Morrison Films

生活のために異性を装い続けなければならないとしたら、あなたはどうするだろうか?今から100年以上前、男尊女卑が当たり前だった社会で、生きるために男性を装わざるを得なかった女性の人生を綴った物語がある。それが1月18日(金)より公開される『アルバート氏の人生』だ。

舞台は大飢饉に見舞われ、人々が生きるのに困窮していた19世紀のアイルランド。上流ホテルでウェイターとして働く主人公のアルバートは、仕事を失いたくない一心から、自身が女性であることを隠して暮らしていた。身なりから言動まで、徹底して男性を装っていたのだ。だが、ペンキ屋の男に正体がばれてしまったことをきっかけに、彼女はもう一度、女性としてのアイデンティティを取り戻していくことになる。

そんな本作で主演を務めているのが、気品漂う大女優グレン・クローズ。1982年の舞台「アルバート・ノッブス」で同一原作の物語を演じて以来、この作品にすっかり魅せられてしまったという。「死ぬまでに、この役を大スクリーンで演じなければならない」という強い思いに導かれ、本作では主演、製作、共同脚本、主題歌の作詞までを担当している。男性になりすました女性を演じるという難しい役どころながら、非の打ちどころなく演じてしまうのはさすがだ。顔つき、服装、仕草、言動、どれを取っても小柄な紳士にしか見えないのだからすごいとしか言いようがない。

彼女の演技は、2011年の東京国際映画祭で最優秀女優賞に輝き、第84回アカデミー賞と第69回ゴールデングローブ賞でも主演女優賞候補となるなど、各国の映画祭で高い評価を浴びた。大女優グレン・クローズがライフワークとして送り出した魂の作品を、是非受け止めていただきたい。【トライワークス】

アルバート氏の人生

2013年1月18日(金) 公開

名女優グレン・クローズが主演に加え、プロデューサー、共同脚本を務め、19世紀のアイルランドで性別を偽って生きる女性の姿を描いた人間ドラマ。男として、ホ...

  • 19世紀のアイルランドが舞台だが、そこで語られているのは失った自分の再発見という普遍的なテーマだ
  • 【写真を見る】実は男装してるんだと言われなければわからないぐらい
  • 映画化まで約30年をかけて挑んだグレン・クローズのライフワークとも言える作品
  • 彼女の演技を目にするだけでも、本作を見る価値は十分にある
  • 男として生きることに苦悩するアルバート
  • 仕事や地位を失えば数週間のうちに路上生活者になってしまうような時代だった
  • 低い声を出すのに苦労したのだとか
  • ペンキ屋のヒューバートはアルバートが女性だと知ってしまう
  • ホテルの従業員でメイドのヘレンを演じるのはミア・ワシコウスカ
  • ジョーはホテルで働くボイラー職人
  • ホロラン医師はホテルの上客
  • ベイカー夫人はホテルの女主人
  • ヒューバートはアルバートの秘密を守るように約束する
  • 監督は『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシア

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点
  • 【厳選画像公開】白石麻衣 2nd写真集「パスポート」 全20点
  • 新たな表情で魅せる足立梨花のグラビア一挙出し!
  • 「テーブルウェア・フェスティバル2017」で見つけた、かわいすぎる器まとめ【その2】
  • 「テーブルウェア・フェスティバル2017」で見つけた、かわいすぎる器まとめ【その1】
  • 「バレンタイン・ナイト 2017~コンサート・オブ・ラブ~」画像全20点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!