映画

驚異のアニメ2作!『君の名は。』9週ぶり首位&『この世界の片隅に』11週目で最高値

MovieWalker 2017年1月24日 12時25分 配信

1月21・22日の興収ランキングは、土日2日間で動員12万4000人、興収1億7400万円を上げた『君の名は。』が、9週間ぶりの首位に返り咲くという驚異の結果となった。

すべての写真を見る(5件)
公開22週目にしていまだ好成績を残し続けている『君の名は。』は、1月22日までの累計興収が235億6000万円を超えた。目下、歴代興収3位の『アナと雪の女王』(13)の記録、254億8000万円を猛追している。ランキング1位獲得数は、『アナと雪の女王』が合計15回なのに対し、『君の名は。』は現在13回だが、今回の首位返り咲きによって、来週以降も好調をキープすれば記録を塗り替える可能性も十分にある。

『君の名は。』とは違った意味で驚異だったのは、7位にランクインした『この世界の片隅に』。昨年11月12日の公開当時は63スクリーン、土日2日間で動員3万2000人、興収4700万円という記録だったが、じわじわと口コミで評判を高め、公開11週目の現在では198スクリーン、動員7万人、興収9300万円といずれも最高値をマークした。普通、これらの数字は初週から右肩下がりに推移していくことを考えると、この結果は異例といっていい。

今回のランキングで初登場作品は3本。『新宿スワンII』が土日2日間で、動員11万6000人、興収1億6100万円を上げて3位、土日2日間で動員10万4600人、興収1億3300万円を上げた『沈黙-サイレンス-』が4位、5位はベン・アフレック主演の『ザ・コンサルタント』だった。前週1位を獲得し、今回2位に入った『本能寺ホテル』には及ばなかったが、どの作品も好調なスタートを切った。

タイプの違う『君の名は。』と『この世界の片隅に』が、1月に入ってもあまり類を見ない推移を見せている。この驚きの興行をどこまで続けることができるのか、注目したい。【トライワークス】

君の名は。

2016年8月26日(金) 公開

精緻な風景描写と繊細な言葉遣いなど、独自の世界観で国内外で高い評価を受ける、新海誠監督によるファンタジーアニメ。田舎町で暮らす女子高生と東京で暮らす男...

新宿スワンII

2017年1月21日(土) 公開

歌舞伎町のスカウトマンたちの攻防を描き、大ヒットを記録した、人気コミックが原作の人間ドラマの続編。原作でも人気の高い「横浜王国編」をベースに、横浜進出...

沈黙-サイレンス-

2017年1月21日(土) 公開

17世紀の日本におけるキリシタン弾圧をポルトガル人司祭の目を通して描いた遠藤周作の小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した歴史ドラマ。師の棄...

ザ・コンサルタント

2017年1月21日(土) 公開

田舎のさえない会計士と裏社会の殺し屋という2つの顔をもつ男が、犯罪組織や企業の不正を暴いていく様を描くサスペンスアクション。『バットマン vs スーパ...

この世界の片隅に

2016年11月12日(土) 公開

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。...

  • 9週間ぶりの首位に返り咲いた『君の名は。』
  • 【写真を見る】スクリーン数、動員、興収で最高値をマークした『この世界の片隅に』
  • 初登場3位のスタートとなった『新宿スワンII』
  • 日本人キャストも多数出演している『沈黙-サイレンス-』が4位
  • 5位はベン・アフレック主演の『ザ・コンサルタント』

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!