映画

宮野真守が特殊能力(!?)を自慢「お寿司も牛乳で食べられる」

MovieWalker 2017年2月4日 12時12分 配信

『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』の日本語吹替版声優を務めた宮野真守
拡大写真

『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』の日本語吹替版声優を務めた宮野真守

  • 【写真を見る】会場で大爆笑!おちゃめすぎる宮野真守
  • 日本語吹替版で主人公ジェイクの声優を務めた宮野真守
  • 絶妙なトークを繰り広げた宮野真守
  • 宮野真守の全身ショット
  • 舞台挨拶は大いに盛り上がりを見せた

『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズのティム・バートン監督作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』(公開中)の公開記念舞台挨拶が、2月4日にTOHOシネマズ日劇で開催。日本語吹替版で主人公ジェイクの声優を務めた宮野真守が登壇した。映画にちなみ自身の特殊能力について聞かれると、宮野は「何でも牛乳といっしょに食べられること」と言って会場を笑いに包んだ。

宮野は「牛乳が大好きなんです。でも、これ以上話すのが怖いなと。記者さんがいるから」と前フリをした後「僕はお寿司も牛乳で食べられます」と告白すると、会場がどよめく。

宮野はそのリアクションに「ほらね」とうなずいた後「いいふうに書いておいてくださいね」とマスコミ陣に訴える。「絶対できるよ。だって給食世代でしょ。何でもいけるはず。諦めないで」と語りかけ、会場は大爆笑となった。

最後に宮野は本作について「自分の持っているそれぞれの個性を大事にしようと思える、そんな思いをいただける作品だし、勇気ももられます」と力強くアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』は、謎めいた島を訪れた少年が体験する奇妙な出来事を描いたベストセラー小説を、ティム・バートン監督が実写映画化したダーク・ファンタジー。『ヒューゴの不思議な発明』(11)のエイサ・バターフィールドが主人公の少年ジェイクを演じた。【取材・文/山崎伸子】

  • 『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』の日本語吹替版声優を務めた宮野真守
  • 【写真を見る】会場で大爆笑!おちゃめすぎる宮野真守
  • 日本語吹替版で主人公ジェイクの声優を務めた宮野真守
  • 絶妙なトークを繰り広げた宮野真守
  • 宮野真守の全身ショット
  • 舞台挨拶は大いに盛り上がりを見せた

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点
  • 【厳選画像公開】白石麻衣 2nd写真集「パスポート」 全20点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!