サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

甘酸っぱい青春の味!? 学生と共同開発したトッポの「放課後ベリー」

学生が自分たちの学生生活を表現。トッポ史上初の商品名、フレーバー、パッケージを学生と共同開発した新商品が登場する。

ロッテはチョコレート菓子「トッポ」から、学生と共同開発した新製品「トッポ<放課後ベリー>」(想定小売価格税別150円前後)を2月14日(火)から販売する。

「トッポ<放課後ベリー>」(想定小売価格税別150円前後)
  • 「トッポ<放課後ベリー>」(想定小売価格税別150円前後)

同商品は、「イマドキティーンと創る青春味」がテーマ。「今のティーンが想像する青春味とは何か?」、「ティーンが本当に美味しいと思う青春味とはどんな味か?」を、学生たちに直接聞き、商品開発に参加してもらい誕生した。

「自分の学生生活を“味”に例えると?」といった質問から学生の本音をヒアリングし、商品名やフレーバー、パッケージを学生たちと決定。いちご原料に加えてラズベリー原料を使用し、甘酸っぱいベリーが味わえる青春味に仕上がった。

学生との共同開発はトッポ初の試み。学生にぴったりのフレーバーは、かつて学生だった大人たちに、甘酸っぱい味とともに青春を思い出させるかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

キーワード

[PR] おすすめ情報