おでかけ

【闘会議2017】コスプレ美女×ゲーム実況者「茸」!闘会議の見どころを直撃!!

東京ウォーカー(全国版) 2017年2月8日 19時00分 配信

2月11日(土)・12日(日)に千葉県・幕張メッセで開催される、ゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2017」。最新ゲームの試遊エリアやゲーム音楽のライブステージなど、見どころ満載の同イベントにおいて、もっとも盛り上がるブースのひとつが“ゲーム実況者エリア”だ。今回は、人気実況者の茸(たけ)さんに「闘会議2017」の魅力を直撃!ゲーム実況に興味津々のコスプレイヤー・礼奈るみさんにインタビュアーを務めてもらい、貴重なお話をたっぷり語ってもらった。

すべての写真を見る(20件)
――茸さんといえば、『Minecraft(マインクラフト)』の実況プレイ動画が、ものすごい視聴者数を記録していますが、こちらのタイトルを実況しようと思われたきっかけは?

茸「学生時代の友達に勧められたのがきっかけです。それ以前から、ゲーム実況には取り組んでいたんですけど、いざ『Minecraft』を遊んでみたら、圧倒的な自由度の高さにハマってしまって。これは実況向きのゲームだと思い、さっそく挑戦してみたところ、大勢の方にご覧いただけて。自分でも驚きました」

――編集もご自身で担当されているんですか?

茸「そうですね。最初のころは1本の動画を作成するのに丸一日かかっていたんですけど、だんだん要領がわかってきて。今ではテロップや効果音を入れるタイミングも計算しながら収録しているので、編集はかなり楽になりました。ちなみにゲーム実況には、あらかじめゲームをプレイして、収録時はスムーズに撮影を行う…という方法もありますが、僕は毎回、ぶっつけ本番でプレイするようにしています。そのほうが敵にやられたり、アイテムを見つけたときに生のリアクションを取れるので、ライブ感が増すんですよ。僕の実況動画はヤラセなしです(笑)」

――『Minecraft』の実況を始めてから変わったことはありますか?

茸「プライベートでも『Minecraft』実況者と交流する機会が増えましたね。一緒にキャンプに行って、リアルに『Minecraft』の世界観を楽しんだりしています」

――『Minecraft』以外で、ゲーム初心者にもオススメのタイトルがあれば教えてください。

茸「RPGツクールなどで作られた、無料で遊べるフリーゲームがオススメです。RPGだけでなく、アクションやホラーなど、さまざまなジャンルが揃っていて、どれも短時間で手軽に楽しめるのがいいですね。ニコニコ動画で実況動画もアップされているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう」

――ゲーム実況者というと、顔を隠されている方が多いイメージがありますが、茸さんは最初から顔出しで動画をアップされてましたよね?

茸「動画をアップし始めたころはまだフリーターのような生活を送っていたので(笑)、顔出しでも特に問題はなく、普通に動画をアップしていました。むしろ街中を歩いていて、声をかけてもらえたら嬉しいくらいです」

――今年の闘会議2017では両日ともステージイベントに出演されますが、意気込みを聞かせてください。

茸「MCとしてイベントの進行を務めさせていただきます。その際、トークの内容が滑っても、どうか温かい目で見てやってください(笑)。そうしていただかないと、僕のHPがどんどん減っていき、とても最後まで立っていられないので…」

――意気込みというよりお願いになっちゃいましたね(笑)。ちなみに、ゲーム実況者エリア以外で気になるブースはありますか?

茸「アナログゲームエリアがおもしろそうですね。カードゲームやボードゲーム、将棋、麻雀など、何でも揃っているので、小さいお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、老若男女を問わず、皆で楽しめると思います。それと、懐かしの名作ゲームに触れられるレトロゲームエリアも、なんとか時間を見つけて遊びに行きたいですね。とにかくブースが多く、ゲーム専門の遊園地みたいなイベントになっているので、参加を予定されている方は、事前に訪れるブースを決めてから無駄なく見て回ることをオススメします」

――参加予定の皆さんに向けてのアドバイス、ありがとうございます。それでは最後に、茸さんの出演イベントを見に行く際に覚えておきたいポイントを教えてください。

茸「ステージイベントは普段のゲーム実況と違い、お客さんとリアルにコミュニケーションを取りながら進められるのがいいですね。壇上からだと、皆さんの表情や衣装がよく見えるので、もし“茸にいじられたい!”というチャンレンジャーがいらっしゃいましたら、ゲームキャラのコスプレなど、目に留まりやすい衣装でご参加いただけると幸いです(笑)」

デジタルゲームはもちろん、アナログゲームや自作ゲームなど、珍しいゲームも多数用意され、“まだ見ぬゲームとの出会い”を思う存分満喫できそうな「闘会議2017」。このインタビューで興味を持った人は、ぜひ会場まで足を運んでその盛り上がりを体験してほしい。【ウォーカープラス編集部/取材・文=ソムタム田井】

■闘会議2017
会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
日時:2017年2月11日(土)・12日(日)
   11日は10:00~18:00、12日は10:00~17:00
料金:1日券2000円(前売券1500円)/2日通し券2500円 ※前売のみ
公式サイトURL:http://tokaigi.jp/2017/

★闘会議2017のチケット購入はこちら!
チケットぴあでの購入はこちらから
イープラスでの購入はこちらから

★「茸」のニコニコチャンネルはこちら!
茸(たけ)ちゃんねる

おすすめ情報