渡辺直美、胸の谷間&太もも披露のセクシー衣装で恋ダンス!?

渡辺直美、猛ハッスル!ダンスを披露した
  • 渡辺直美、猛ハッスル!ダンスを披露した

本年度アカデミー賞で史上最多となる14部門にノミネートされている映画『ラ・ラ・ランド』(2月24日公開)の公開直前イベントが2月9日に都内で開催され、渡辺直美が登壇。劇中ヒロインをイメージした衣装で、キュートなダンスを披露した。

本作は、『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画。渡辺は、劇中でエマ・ストーンが着ている黄色のドレスをイメージして登場。ふわりとしたビタミンカラーのミニドレスは可憐さがありながらも、胸の谷間は大胆に披露していた。

映画の感想を聞かれると渡辺は「鳥肌が立った。一緒に踊りたくなった」とコメント。主人公を演じるライアン・ゴズリングについても「クソイケメン」と言い、「夢の世界にいるような映画」と大絶賛だった。

この日は、多数のアーティストの振付けや演出を手掛けるANRIが本作をイメージしたオリジナルダンスを渡辺にレクチャー。ANRIが「『ラ・ラ・ランド』版の恋ダンス」と命名すると、渡辺は「結構、乗っかるタイプですね」と突っ込んで会場も大爆笑。劇中の音楽に合わせて、二人でステップを踏んだ。ターンをするとスカートがめくれてしまったり、「冷房つけてもらってもいいですか」と汗をかく一幕もあり、渡辺は猛ハッスルでダンスに励んだ。

また、ニューヨークへの留学やワールドツアーの実現など、夢を叶えてきた渡辺。「夢を叶える秘訣」を聞かれると、「私も夢を実現はしていないんですが、ニューヨークに3か月いると何のために来たのか目的を忘れてしまいがち。留学した日に『何か月で英語を習得する』など目標をノートに書いていたので、それを見直すようにしていました」と告白。「綾部さんにも『ノートに目標を書くといい』という話をしました」と同じくニューヨークへと旅立つピース・綾部祐二にアドバイスをしたこと明かしていた。

ラブストーリーのPRに参加した渡辺だが、「彼氏はずっといない」と苦笑い。「好きな人もいないので、女同士で観に行こうかな」と話していた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報