渡辺謙、男泣き!『沈まぬ太陽』初日舞台挨拶で感無量

渡辺謙が込み上げる思いに号泣しながら舞台挨拶!
  • 渡辺謙が込み上げる思いに号泣しながら舞台挨拶!

日航機墜落事故をモチーフにした山崎豊子の同名小説の映画化『沈まぬ太陽』(10月24日公開)の初日舞台挨拶が開催。主演の渡辺謙は観客と共に映画を鑑賞し、終了後に三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、若松節朗監督らと舞台挨拶を行った。

渡辺謙らメインキャスト陣が顔を揃えるのはクランクアップ以来。主演の企業戦士・恩地元を演じた渡辺は、レオナルド・ディカプリオとの共演作『インセプション』の撮影で多忙だったため、ようやく本日映画を観ることができた。鑑賞後、感無量となった渡辺は思わず男泣きをしながらマイクをとった。

「自分の映画に対して感動して泣いてるんじゃないです。ここまで来るのにどれだけみんなが苦労したかを考えると……。本当にハードルが高かったので、エンドロールが流れたときに……」と言葉をつまらせる。「この映画をやりたいと思ったプロデューサーはたくさんいたと思います。そういう人たち、遺族の方々の気持ちを忘れないようにしたいと。本当に映画を誇りに思ってます!」

出世欲の塊・行天四郎役の三浦友和は、自身の役柄をこう分析。「行天は、とても寂しい人だなと思いました。勝ち組、負け組という言葉がありますが、昭和30年代は出世=勝ち組だったと思います。でも、それは違うよというのを象徴しているのが行天だと思います」

その後、日航機墜落事故で銀行家の父親を亡くし、事故から一か月後に生を受けた遺族である、バイオリニストのダイアナ湯川 が登壇。渡辺が彼女を客席にこう紹介した。「彼女はお父さんの顔を知りません。お父さんへの思いを音楽に込めました。この音楽が私の心の全てだから映画に参加したいと、(製作総指揮の)角川歴彦氏へ手紙を出したそうです。10分間映画は途切れますが、彼女の祈りとレクイエムが流れます」

その後、ダイアナ湯川は、インターミッション(休憩時間10分間)用の楽曲「祈り〔永遠の祈り〕」を演奏。亡き父への思いを捧げた。

3時間22分の長尺だが、決して長くはなく、震えるほどの感動を呼び込む本作。渡辺謙らが精魂込めて放つ超大作をじっくりと鑑賞したい!【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報