新ブランドも参戦!コンビニ“カップデザート商戦”開始

10/27(火)に、オリジナルチルドスイーツの新ブランド「ハピリッチスイーツ」を立ち上げる「ミニストップ」から発売される「スペシャルベルギーチョコパフェ」(260円)
  • 10/27(火)に、オリジナルチルドスイーツの新ブランド「ハピリッチスイーツ」を立ち上げる「ミニストップ」から発売される「スペシャルベルギーチョコパフェ」(260円)

人気が高まる冬に向け、コンビニ各社から新商品が続々登場しているカップデザート。10/27(火)に、オリジナルチルドスイーツの新ブランド「ハピリッチスイーツ」を立ち上げる「ミニストップ」や、有名シェフとコラボした「ファミリーマート」など、コンビニ各社の“カップデザート商戦”がいよいよスタートする模様だ。

見た目にもひと工夫を加え、選ぶ楽しさを加えたという「ハピリッチスイーツ」というだけあって、その見た目のインパクトは大! 10/27(火)発売の「スペシャルベルギーチョコパフェ」(260円)は、チョコプリンとスポンジの層に、ビターチョコソースをかけた小さなケーキをのせるなど“豪華さ”が際立つ一品だ。

また、同時に発売となる「ダブルベリーレアチーズ」(240円)も、見た目のかわいらしさと高級感を表現するためミニストップ初のピンクのスポンジを使用した意欲作。中心にはダブルベリーソースが隠れている仕立てで、ベースの北海道牛乳入りレアチーズとスポンジとの絶妙な相性がたまらないのだとか。

「素材や見た目にこだわり力を入れています」とは、ミニストップ広報。自信に満ちた言葉通り、本場ベルギー産のチョコレートを使用するなど、素材にも力が入っているという。

一方、東京・国立にある「レ・アントルメ国立」のシェフとコラボしたのは「ファミリーマート」。10/23より「かぼちゃのモンブラン」と「パンプキンクレープ」(各260円)が発売される。北海道産のカボチャを使用したモンブランなど、有名店シェフこだわりの味をコンビニで堪能できるとあり、こちらも話題になりそうだ。

他にも、スライスしたカボチャがのった「ローソン」の「カボチャのパフェ」(230円)や、濃厚なモンブランクリームが特徴の「サークルKサンクス」の「シェリエドルチェかぼちゃのモンブラン」(230円)など、秋冬にぴったりな“カップデザート”が続々と登場している。

“スイーツ男子”という言葉が定着した今、男女両方のニーズを受け、コンビニ“カップデザート”は、冬に向けますます盛り上がりそうだ。 【詳細は、10/20発売号の東海ウォーカーに掲載】

キーワード

[PR] おすすめ情報