「相棒」の名物キャラ・米沢&伊丹が語るシリーズの魅力とは?

今春に公開された「―鑑識・米沢守の事件簿」はスマッシュヒットを記録し、相棒シリーズの人気を証明した
  • 今春に公開された「―鑑識・米沢守の事件簿」はスマッシュヒットを記録し、相棒シリーズの人気を証明した

ドラマ、映画共に大ヒットを記録した「相棒」の“Season 7”と、シリーズのスピンオフ映画「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」のDVDが発売中。24日、都内でそのリリース記念イベントが行われ、同作で映画初主演を果たした米沢守役の六角精児と、刑事部捜査一課のメンバー・伊丹憲一役の川原和久が出席した。

「相棒 Season 7」は、主人公・杉下右京(水谷豊)の相棒を長年務めてきた亀山薫(寺脇康文)が、亡き友人の意志を継ぐために警察官を辞めて海外に旅立つ姿が描かれ話題となった。また、「-鑑識・米沢守の事件簿」は、ドラマシリーズでも人気を誇った米沢が、別れた妻の殺人事件をひた向きに捜査する姿が描かれヒットを記録した。

会場に集まった女性ファンから黄色い声援が飛び交う中、それぞれ役衣装で登場した六角と川原。役に成り切ったまま「鑑識の米沢です」とあいさつした六角は「映画の話を初めて聞いた時は自分が主人公ということにビックリしましたけど、緊張してもしょうがないなという思いもありました。ですから、自分がやれることを1つずつクリアしていくつもりで撮影に臨んだんです。1つずつ、1つずつ塗りつぶしていったんですよ。“心のカレンダー”をね(笑)」とコメント。長きにわたり演じ続けている米沢という役自体についても触れ、「もう自分の中の一部みたいな存在ですね。彼は職業柄細かいことにこだわっていく男ですが、僕自身も音楽やギャンブル、鉄道などにハマっているので共感できる部分も多いんです」と話した。

また、ヒットを記録し続ける本シリーズの魅力について聞かれた川原は「この作品、メーンキャスト以外にはお金が掛かっていないんですよ(笑)。だからゲストの方に予算をつぎ込める。これは冗談のようですけど、メーンがしっかりしているからサブが出しゃばらずに済みますし、ストーリーをじっくり見せられるというメリットがあるんです。そういう部分が皆さんに支持されているんじゃないでしょうか」と分析。六角も「僕もそう思います。脚本、演出、キャストに対して、作品のベクトルがちゃんと向いているんですよ。この作品では1つ1つのシーンを撮り終えた時に、ものすごい満足感が味わえますから演者としてもやりがいがあります」と真剣な表情で語った。

DVD「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」
発売中 4935円(税込) 
DVD「相棒 Season 7 DVD-BOX I」
発売中 1万4900円(税込)
DVD「相棒 Season 7 DVD-BOX II」
発売中 1万7880円(税込)
いずれもワーナー・ホーム・ビデオ

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報