サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

元祖着エロクイーンから競馬予想家へ! グラドル・藤川京子の華麗なる転身(1)

藤川は「ブレイクランアウト」「フィフスペトル」2頭の一口馬主でもある
  • 藤川は「ブレイクランアウト」「フィフスペトル」2頭の一口馬主でもある

年末に向けてG1レースの開催が続き、盛り上がりを見せている「競馬」。ひと昔前はおじさんの娯楽というイメージが強かったものの、最近では競馬場に足を運ぶ若い女性も増え、人気は高まるばかり。そんな中、レースを予想するプロの“競馬予想家”として活躍する1人の女性に注目が集まっている。グラビアアイドルとしても活躍する藤川京子だ。

'02年にアイドルとしてデビューした藤川は、写真集やDVDで過激なグラビアを展開し、“元祖着エロ”として一躍人気に。その後、競馬予想の趣味を生かし、テレビ東京系の「激生スポーツTODAY!」にて競馬キャスターデビュー。現在は、スポーツ新聞や週刊誌などの連載やコラム執筆のほか、今秋から出演しているフジテレビNEXTの「競馬予想TV!」では、紅一点の競馬予想家として活躍している。

もともと父親の影響で幼いころから大の競馬好きだったという藤川。テレビで見たレースに感動し、場外馬券場や競馬場へ連れて行ってもらうようになったという。「競馬場に行ったらもうすごい迫力で、“これだ!”って自分の中で何かがつながった気がしたんですよ。それから競馬の仕事に就きたいと思うようになって。でも、小さいころは周りに競馬好きな友達はもちろんいなくて、中学生の時、『わたし、トラックマン(競馬新聞の記者)になる』って言ったら、みんな“トラックの運転手?”って言ってました」と笑う。

その後、競馬関係の仕事をするために芸能界の道を選択するが、もちろん初めから競馬の仕事ができたわけではない。まずはグラビアアイドルとして活動を始めた藤川だが、正直初めはグラビアが大の苦手だったとか。「スタイルに自信もなかったし、もともとはやりたくなかったんですよね。そのころの衣装は“元祖着エロ”って言っていいぐらいの際どい水着ばかりで…。だって、(通常のサイズの)半分ぐらいしかないんですよ、水着が! いや、チェーンになっていて半分もなかったかも(笑)」と振り返る。

そんな嫌々だったグラビアの仕事だが、実はあることがきっかけで腹を据えて取り組むようになったという。「デビューしてすぐのころだったんですが、競馬で、単勝の1点買いにウン百万突っ込んだんですよ。平場(重賞など特別競争以外のレース)のレースで。結構その時、競馬なんて当たるし簡単じゃん! っていう自分がいて。絶対来るって確信があったんですけど、結果は見事に大負け。これは稼がなあかんと、泣く泣くグラビアの仕事をするようになりました(笑)」と、競馬がきっかけとなって仕事にのめり込むようになったのだ。

――(2)へ続く

キーワード

[PR] おすすめ情報