サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

大ヒット確信!? 井上真央が「岡田(将生)くんの人気がすごいから大丈夫」

映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」の公開初日舞台あいさつに出席した寺田有希、細田よしひこ、森口瑤子、井上真央、岡田将生、新城毅彦監督(写真左から)
  • 映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」の公開初日舞台あいさつに出席した寺田有希、細田よしひこ、森口瑤子、井上真央、岡田将生、新城毅彦監督(写真左から)

映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」が24日に公開初日を迎え、主演の井上真央と、岡田将生、森口瑤子、細田よしひこ、原田夏希、寺田有希、新城毅彦監督が都内で舞台あいさつを行った。

本作は、青木琴美の同名ベストセラー少女コミックを映画化したもの。心臓の重い病気により、20歳まで生きられないと宣告された少年・垣野内逞(岡田)と、逞を献身的に支え、いちずに愛し続ける幼なじみの少女・種田繭(井上)の切ない恋を描く。

井上は「この役に、この作品に出会えてよかった。心に残ってくれたらうれしいなと思います。この記念すべき初日を迎えられて感謝しています」とあいさつをし、会場に集まった多くの観客を見て、「この日のために頑張ってきたので、ただただうれしい限りです。原作を読んでる方も多かったし、岡田くんもすごい人気だったので、この作品は大丈夫と思いました」と映画への自信を見せた。

岡田は「え、はい、垣野内逞役を演じました岡田将生です、はい。今日は、初日を迎えられて、えー、すごい、えー、うれしいです、はい」と言葉を詰まらせながらあいさつし、会場から「頑張れ」と声が飛んだ。

繭と逞の同級生・鈴谷昂役の細田は「テレビで井上さんが好きな男性のタイプが“無口で何を考えてるか分からない人”で、嫌いなタイプが“ベラベラ自分の過去をしゃべる男”と言っていたんです。僕、井上さんに過去の恋愛を全部話したんですけど、僕のこと嫌いだったんですか?」と突然井上に質問。井上に「そんなことない。大丈夫。なんとか大丈夫」と励まされ、会場を笑わせた。

新城監督は「今日は、お客さんがいっぱいなのかなといろいろ考えて、昨日、知恵熱みたいなのを出して休んじゃおうかなと思いました。たくさんの方に見ていただいて作品が大きくなっていったらいいなと思います」と作品への思いを語っていた。

映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」
全国東宝系にて公開中

キーワード

[PR] おすすめ情報