エンタメ

元アンジュルム・めいめい、憧れの本田美奈子.役で“物語が始まる”

ザテレビジョン 2017年2月17日 6時30分 配信

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムの元メンバー・“めいめい”こと田村芽実が、舞台「minako-太陽になった歌姫-」の主演に決定。2月16日に都内で製作記者発表が行われ、田村の他、野沢トオル(作・演出・出演)、高杉敬二(総合監修)、城戸裕次、高崎俊吾、小西優司、千葉誠太郎が登壇した。

すべての写真を見る(20件)
5月17日(水)~5月21日(日)に東京・CBGKシブゲキ!!で行われる「minako-太陽になった歌姫-」は、'05年に急性骨髄性白血病で逝去した本田美奈子.さんの生き方を通して描く、愛と夢と希望の物語。“本田美奈子.”を発掘し、生涯を見守り続けた高杉敬二が総合監修を務め、高杉の回想によって蘇る“本田美奈子.”の軌跡をたどっていく。

めいめい、約9カ月ぶりに公の場に登場!

'16年5月30日の東京・日本武道館公演でアンジュルムを卒業して以来、久しぶりに姿を見せた田村は「約9カ月ぶりの公の場ということで、今ここに立たせていただけることを、とても嬉しく思っています」とあいさつ。

「本当に緊張しています。アンジュルム卒業後、初めてのお仕事になりますし、何より憧れの本田美奈子.さんの役を頂いたので、そのプレッシャーが1番強いです」と心境を明かした。

憧れの本田美奈子.を語る

田村にとって、本田さんは憧れの人。「とにかく明るくて、すごく笑顔の絶えない方っていうのは聞いていました。物心ついた時から本田美奈子.さんが憧れで、大好きで」と、その存在の大きさを語る。

さらに、「小さい頃、眠る前に天国の本田美奈子.さんに『何かあったら、私を選んでください』って、本当によくお祈りしてたんですよ」と振り返り、「今こうやってここに立たせていただいていることもビックリです。お仕事を頂いてから本田美奈子.さんのお墓にも3回行ったんですけど、本田美奈子.さんのお墓だけパーって太陽が降り注いでる感じがして。私が小さい声で、本田美奈子.さんのお墓だけに聞こえるように、ちょっと歌ったんですよ。そうしたら、私の歌と一緒に風が吹いて。きっと、本田美奈子.さんも歌ってくださってるんだなって思いました」と興奮気味。

本田さんのファンへは、「私のことを知らない方もたくさんいて、『この子が本田美奈子.さんか』と思う方もいらっしゃると思うんですけど、私は本当に本田美奈子.さんが大好きだし、そして本田美奈子.さんと同じように歌が大好きなので、その気持ちをいっぱいぶつけて、本番のステージに立ちたいと思います。ぜひ、いらしてください。よろしくお願いします」と呼び掛けた。

めいめい、本田美奈子.の「アメイジング・グレイス」を熱唱!

この日の記者発表で田村は、かつて本田さんが歌った「アメイジング・グレイス」を歌うことに。「とっても緊張するんですけど、毎日練習を重ねてきたので、聴いていただきたいなと思います」と話し、持ち前の歌唱力で堂々と「アメイジング・グレイス」を歌い上げる。

本田さんとはアイドル仲間で、舞台『レ・ミゼラブル』でも共演したスペシャルゲストの早見優から「素敵でした。太陽のようでした」と褒められ、田村は「早見さんが見ていらっしゃるということで、とっても緊張しました」と照れ笑いを見せた。

本田美奈子.の母からの手紙に涙

続いて、本田美奈子.さんの母親からの手紙が紹介され、手紙の中で「頑張ってください」とエールを送られると、田村は涙を見せる。「なんでか分からないんですけど、本田美奈子.さんのお母さまからの手紙と聞いた瞬間に胸がいっぱいになってしまって…」と語り、「お母さまの気持ち、本田美奈子.さんの思いも乗せて、本番頑張ろうって改めて思いました」と気合を入れた。

最後に、田村は「本田美奈子.さんは『minako-太陽になった歌姫-』というタイトルどおり、太陽であり、歌姫であった方だと思います。私が本田美奈子.さんのようになれるのか?っていう不安もあるんですけど、きっと本田美奈子.さんが私の声を選んでくれたんじゃないかなっていう気持ちも少しあるので、その気持ちを信じて頑張りたいなっていうのが今の気持ちです」と意気込みを見せた。

めいめい、女優の第一歩が憧れの本田美奈子.役

製作記者発表後には、囲み取材を実施。本田美奈子.さんの魅力を改めて聞かれ、田村は「常に歌を大事に歌ってらっしゃるところで、尊敬しています。あとは、とにかく明るいところ!」と笑顔で語る。

アンジュルム卒業後、女優デビュー作が憧れの本田さん役ということで、「こんなに素晴らしい役を頂けると思っていませんでした。アイドル時代のインタビューで、『実在した人物の中で、やりたい役は何ですか?』って聞かれた時に、本田美奈子.さん!って答えた記事が残っていたり、尊敬する方は本田美奈子.さんです!とか、好きな方は本田美奈子.さんです!って言ってきて。まさかこのお仕事を頂けるとは思っていなかったので、まだビックリしています」と驚きが隠せない様子。

憧れの人を演じるということで、「演出家の野沢トオルさんは、本田美奈子.さん50%、私50%で脚本を進めていても、あんまり離れていないとおっしゃっていたので、自分だったらどうするかっていう気持ちと、本田美奈子.さんだったらどうするかっていう気持ちを、ちゃんと合致させて頑張りたい」と話した。

相変わらずのストイックさを見せる!

役作りについては、「本田美奈子.さんはとても華奢な方だと聞いたので、ひと月に0.5kgずつ痩せるところから始めます。そこもストイックに!」と、ストイックさはアンジュルム時代から変わらず。だが、早見から「痩せなくていいよ。美奈子ちゃんはものすごくいっぱい食べて、歌で力を出していた」と止められ、「分かりました。いっぱい食べて、いっぱい歌います!」と切り替えていた。

また、早見は「美奈子ちゃんが作ってくれたホットケーキが、今までに見たことがないくらい完璧な円形で、ものすごく美味しかったんですね。そのホットケーキを見た時に、美奈子ちゃんは何をするにも愛を持ってやるし、何事も丁寧に最後まで作り上げるんだなって思いました」と、本田さんについて語る。

それを受けて、田村は「全てにおいて丁寧な方ということなので、私も全てにおいて丁寧にやっていきたいなと思います。私、ホットケーキ作れないので、まずそこから初めて、ふわふわの丸いホットケーキを作って、みんなに食べていただけるように。稽古場にも差し入れを持っていって、みんなで素敵な稽古場を作って、素敵なステージにしたいなと思います。よろしくお願いします」とメッセージを送った。

■舞台「minako-太陽になった歌姫-」
5月17日(水)~21日(日)東京・CBGKシブゲキ(全8回)
【HP】stage-minako.com/

◆ザテレビジョンからのお知らせ◆

関連記事

おすすめ情報