小芝風花、香川京子から引き継がれたバトンに感動!「こういう女優になりたい」

映画『天使のいる図書館』が公開!
  • 映画『天使のいる図書館』が公開!

映画『天使のいる図書館』の初日舞台挨拶が2月18日にシネマート新宿で開催され、小芝風花、香川京子、森本レオ、ウエダアツシ監督が登壇。小芝が大先輩の女優、香川とのエピソードを明かし、「私もこういう女優になりたい!」と未来を見つめた。

本作は、奈良県中西部の葛城地域を舞台に、新人司書の成長を見つめるヒューマンドラマ。香川は「長いセリフもすぐ覚えてしまう。若い人ってすごい」と小芝との共演に「楽しかった」とニッコリ。小芝は「いつもお会いするたびに、優しい笑顔で迎えてくださる。舞台挨拶も緊張するんですが、香川さんの横に立てていることがすごくうれしいのと緊張もある」と告白。香川は「そんなに緊張しないで」と優しく励ましていた。

撮影中、小芝は「大事なシーンでなかなか気持ちが作れなくて、みなさんをお待たせしてしまった」と苦労したシーンがあったそう。「私の気持ちが入りやすいように、香川さんがずっとセリフを繰り返し言ってくださった。私にだけ聞こえるような声で、です。大先輩がこんなことをしてくださるんだ!とすごく感動した」と香川の気遣いに感動しきりで、「私も絶対にこういう女性、女優になりたい!と心から思った」と憧れの気持ちを語っていた。

香川は「あれは小芝さんのためにだけやったんじゃないの。私も長いセリフがあるから、自分のためでもあるのよ」と微笑む。「田中絹代さん、高峰秀子さん、山田五十鈴さんなど素晴らしい先輩たちがいた。みなさんとっても親切で優しく接してくださった」と伝説的女優との共演を振り返り、「素晴らしい先輩に恵まれて私も成長できた。どんどん伸びていく方だから、今から楽しみにしています。私にできることがあったら、またお話ししたい」とバトンを受け継ぐような思いと共に、小芝を激励した。

二人の女優の交流を見ていたウエダ監督は「お二人の姿が、映画のワンシーンのようで美しかった」としみじみ。「大先輩から風花ちゃんへの、愛情のこもったエールを送っているように見えた。スタッフ全員感動していた」と話す。

森本は「天才なんだよね、この子」と小芝の女優力を絶賛し、「この子には“役者筋”とでも言うような筋肉があって。これからいい旅をして、いい恋をして、いい映画をいっぱい観たら、すごい女優さんになると思う」と太鼓判。小芝は「こんなに褒めていただけると思ってなかったので、ソワソワしちゃいます!」とうれしそうな笑顔を溢れさせていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報