笹野高史と杏が、日本の魅力を紹介する人形キャラに!

4夜連続の番組「JAPANGLE」では、さまざまなアングルから日本を観察し、我々にとっての“ふつう”から“ニッポンらしさ”を見いだしていく。写真は声の出演をする笹野高史と杏
  • 4夜連続の番組「JAPANGLE」では、さまざまなアングルから日本を観察し、我々にとっての“ふつう”から“ニッポンらしさ”を見いだしていく。写真は声の出演をする笹野高史と杏

NHK Eテレで、3月27日(月)から3月30日(木)の4日にわたり、日本の素晴らしさを発見していくエンターテインメント番組「JAPANGLE」(朝9:30-9:50)が放送されることが分かった。

また、番組に登場する日本を紹介する人形キャラクター・アロー教授とベクター助手の声を、笹野高史と杏が務めることが分かり、二人による会見が開かれた。

同番組は、人形劇をベースにアニメやドキュメント、ミュージッククリップなどの多彩な映像手法で、日本の魅力を伝えるもの。アロー教授とベクター助手は、「寿司」「トイレ」「漫画」など1つのトピックに注目し、それをデザイン・ヒストリー・テクニック・スピリットの4つのアングルから観察していく。

さらに、海外向けに英語版も制作し、世界の幅広い層に発信していくという。

アロー教授役の笹野は、「僕たちも知っているようで知らなかった日本の素晴らしいところを紹介していきます。技術であったり食べ物であったり、詳しくは知らなかったことを発見できるので、興味深く演じさせてもらいました」と喜びをあらわに。

一方、ベクター助手役の杏は、「映像で映し出される日本の日常を『面白いな』『楽しいな』『美しいな』という視点で見ることができる番組。この番組を通して海外の方にも日本の日常の魅力を知っていただけたらなと思います」と、期待を寄せた。

「JAPANGLE」
3月27日(月)~3月30日(木)、朝9:30-9:50
NHK Eテレで放送

キーワード

[PR] おすすめ情報