サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

S-1バトル10月チャンピオンはジュニア&ケンコバに決定!

ガッツポーズで喜ぶ千原ジュニアさんとケンドーコバヤシさん 
  • ガッツポーズで喜ぶ千原ジュニアさんとケンドーコバヤシさん 

10/30、「10月度 S-1バトル 月間チャンピオン決定」の表彰式に、お笑い芸人の千原ジュニアさんとケンドーコバヤシさんが登場。ソフトバンクモバイルが主催するお笑い映像コンテスト“S-1バトル”の月間チャンピオンに初めて選ばれ、賞金1000万円と優勝トロフィーが贈呈された。

同コンテストは、ソフトバンク携帯ユーザーの投票によって、人気お笑い芸人のお笑い作品から月間チャンピオン(賞金1000万円)を選出。さらに月間チャンピオンによる最終決戦によって年間チャンピオン(賞金1億円)が決まる。今回、ジュニアとケンコバは、人気番組「にけつッ!!」から、2人が繰り広げた爆笑トークとホットな“あっち向いてホイ!”の戦いの様子を作品化した。

ジュニアがクニャクニャした動きで挑み、笑いを誘った“あっち向いてホイ!”について、ケンコバは「最近はやりの“Jホラー的”な気持ち悪い動きでしたね。ジュニアだけに(笑)」と評価した。年間チャンピオンを見据えている2人は、若手芸人たちに対して「意気込みが違うんですよ! ヤツらとは」と語り、11月の“S-1バトル”で3度目の出場を予定している明石家さんまさんの師匠、笑福亭松之助さんの参戦に興味を示していた。

また、「賞金は500万円ずつ折半するんですか?」という取材陣の質問に「折半はない! するなら7対3ですね。吉本興業は縦社会ですから」とジュニア。まさかの発言にケンコバが「え!?」と目を丸くするひと幕もあった。ちなみに、「年間チャンピオンの賞金1億円が手に入ったとしても、7対3ですね」とジュニアは二ヤついていた。

11月の“S-1バトル”には、ハローバイバイの関暁夫、天竺鼠、いがわゆり蚊、藤崎マーケットが初登場する。次のチャンピオンは一体誰になるのか、これからも目が離せない! 【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報