TVアニメ「タイガーマスクW」、次の目標は劇場版!

アニメ「タイガーマスクW」のプロデューサーを務める東映アニメーションのギャルマト・ボグダン氏にインタビュー!!
  • アニメ「タイガーマスクW」のプロデューサーを務める東映アニメーションのギャルマト・ボグダン氏にインタビュー!!

テレビアニメ、劇場アニメなど、この冬話題のアニメに注目し、インタビューを通して作品やキャスト・スタッフの魅力を紹介する。

テレビ朝日系で放送中のアニメ「タイガーマスクW」(関東地区 毎週土曜深夜2:30-3:00ほか)は、東映アニメーション創立60周年記念作品として「タイガーマスク」のその後を描く。

所属していたプロレス団体を悪質プロレス団体につぶされた2人の青年・東ナオトと藤井タクマ。ナオトは“新タイガーマスク”となり、タクマは“タイガー・ザ・ダーク”となって、裏の組織「虎の穴」への報復を決意する。

今回、本作のプロデューサーを務める東映アニメーションのギャルマト・ボグダン氏にインタビュー。作品に取り組む姿勢やストーリー・キャストの魅力、今後の見どころなどを聞いた。

■ギャルマト・ボグダン(プロデューサー) インタビュー

――まず、「タイガーマスクW」制作の経緯を教えてください。

'11年の東日本大震災後、世間ではタイガーマスク運動もありつつ、「映画を作ろうか?」という話が出ていましたが、その時はストップしてしまいました。その後、テレビ朝日さんと「次、何するか?」という話の中で何度か企画が挙がっていて、ただ最終的には実現に至らないという状況で。そんな中でも、やるならしっかり時間を取ってやろうという話になって、前の作品が終わってから半年の時間を掛けてプリプロに取り組んできました。さらに、スポンサーでもあるブシロードさんや新日本プロレスさんに協力していただけるというタイミングも重なって、今回に至りました。

――もともと、プロレスには詳しかったのでしょうか?

私自身は新日に詳しかったわけではないですが、PRIDEなど格闘技は見ていました。この作品は、プロレスファンの方にも見ていただいているので、誤魔化せなくて大変です(笑)。きちんとプロレスを描くということで、技の動きを描くアニメーターや実況をそれらしくセリフにするライターなどプロレス好きなスタッフ、声優さんが力を合わせて作り上げています。ライターは、アクションと実況を同時に考えるのが難しいらしくて、まずアクションを考えてから実況を付けていますね。プロレスファン、アニメファンのどちらの方が見ても楽しい作品を目指しています。

――ボグダンさんはルーマニア出身ですが、海外と日本のアニメの違い、魅力は何だと思いますか?

海外のアニメは子供をメインターゲットにしていて、ディズニーなどは大人が見ても楽しめるという作品です。一方で、日本のアニメは深夜に放送されているような、子供をあまり意識していない作品も多く、「タイガーマスクW」も大人に向けてストーリーやキャラクターがしっかり立っているような作りになっています。今回、ナオトとタクマの2人が主役で、周囲の人物とも絡めて物語が展開していきます。ナオトとタクマのそれぞれのストーリーがうまくリンクするように考えていて、主役が2人いることでドラマ性を高めています。放送自体はまだ続いていきますが、終わりはきちんと決めていて…今は物語をどう収拾するか考えているところです。

キャストの魅力や、今後の注目ポイントも紹介!(2/2)
  • 1
  • 2
アニメ「タイガーマスクW」
毎週土曜深夜2:30-3:00ほか
テレビ朝日系で放送中
※一部地域を除く
【アニメ公式HP】http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/
【テレビ朝日番組HP】http://www.tv-asahi.co.jp/tigermask_w/
【公式Twitter】@TigerMaskW

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報