石川恋、恋愛は「ダメだと思っても情に流されてしまうタイプ(笑)」

「東京タラレバ娘」で吉高由里子ゆり子演じる倫子の後輩・芝田マミ役で出演中の石川恋
  • 「東京タラレバ娘」で吉高由里子ゆり子演じる倫子の後輩・芝田マミ役で出演中の石川恋

「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)での体当たり演技が好評の、あの金髪ギャルの素顔を激写! なみいるアラサー女子の中で異彩を放つAD役を熱演していうる石川恋に撮影エピソードと今後の展望を聞いた。

現場では吉高さんのハイテンションに負けてます(笑)

――水曜夜10時から放送の「東京タラレバ娘」では、主人公の後輩・芝田マミ役で出演中の石川恋。“ビリギャル”の金髪ギャルとして注目を浴びた彼女が、元気なAD役に日々奮闘中だ。

石川:私はマミちゃんほどテンションの高いタイプではないので、いつもエナジードリンクを飲んでから撮影にインしてます(笑)。マミちゃんはとにかく元気なので、現場でも一番明るくいたいと思っているのですが、主人公の倫子を演じる吉高(由里子)さんが一番テンションが高いので、カットが掛かると完全に負けてますね(笑)。

私はダメだと思っても情に流されてしまうタイプ(笑)

――演じるマミは仕事場でも写真のような原宿系ファッションを貫く22歳の女の子だが、「仕事にはすごく真面目で誠実な子」で見た目とは裏腹なタイプ。

石川:マミちゃんは自分の好きなファッションを貫き、周囲にどう思われても気にしない子。恋愛面でも情でドロドロ付き合うとかがなく、ダメだと思ったら、すぐ次に向かう。そして、いい人だなと思ったら、まだ好きじゃなくても付き合ってみる。それってなかなかできないことだと思うんです。私はダメだと思っても情に流されてしまうタイプだと思うので、マミちゃんの考え方はちょっとうらやましいなとも感じます。

“タラレバ”を見て、危機感を覚えてます(苦笑)

――ドラマは倫子ら3人娘のダメさっぷりが見どころだが、最初はそのダメさにピンと来ていなかった。

石川:私は3人が「東京オリンピックまでに子供3人いけるね」と話していた時期の20代前半なので、最初は彼女たちのダメさっぷりが分からなかったんです。でも、オンエアを見て変わりました。倫子たちには外に飲みに行くフットワークの軽さがありますが、私は出無精なのでこのまま出会いもなく30歳になる!?と…。“タラレバ”を見て、危機感を覚えてます(苦笑)。

休みの日は家から出ず、家の中でもお見せしたいぐらい動かないです

――もともとモデルやグラビアからキャリアをスタートさせたが、今後は芝居上達のためにさまざまな経験を積みたいと語る。

石川:昨年、映画の現場を経験してからお芝居との向き合い方が変わったんです。ワークショップの先生に「どんな出来事も芝居に生かせる」と言われたので、日々感じたことを書き留めていますし、これからいろんな経験をしていきたい。だから、フットワークが軽くなりたいと思うんですけど…、そこは変えなくてもいいかな? 休みの日は家から出ず、家の中でもお見せしたいぐらい動かないですけど、お仕事の日は積極的に行動して、いろんな経験を積みたいです!

金髪ギャルの幼少期はどんな女の子だった?(2/2)
  • 1
  • 2
東京タラレバ娘
毎週水夜10.00-10.54 日本テレビ系
出演=吉高由里子、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、鈴木亮平ほか

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報