サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

『母なる証明』ポン・ジュノ監督が語る“狂気の冒頭シーン”

監督の異才、ポン・ジュノ監督
  • 監督の異才、ポン・ジュノ監督

これまで発表した長編映画『ほえる犬は噛まない』(00)、『殺人の追憶』(03)、『グエムル 漢江の怪物』(06)のいずれも世界中から絶賛されている韓国の異才ポン・ジュノ監督。4作目となる新作『母なる証明』もカンヌ国際映画祭で大きな喝采を浴びた。なぜ、彼は人々を確実に惹き付ける作品を次々と生み出せるのか? 来日した監督に話を聞いた。

「“韓国の母”と言われている女優キム・ヘジャと映画を撮ってみたいというのがきっかけでした。私は少し変態的な傾向があるせいか、小さい頃からキム・ヘジャさんを見ながらその裏に“隠された狂気=ダークサイド”を感じていて。それを爆発させるような映画が撮りたいと思ったんです」と、この映画はサスペンスであると同時に、子を想う母の狂おしい愛情を描いていると言葉に力を込める。

「最初のシーンでいきなり“母”が踊り出すというのは唐突かもしれませんが、オープニング・シーンで観客に宣戦布告をしたいと思ったんです。この映画は予想とかけ離れた方向に行くこと、この映画はキム・ヘジャの映画だということ、この女(母)は気が触れているのかもしれないということを伝えたかった。そもそも、白昼の野原でひとり踊ること自体、狂気に感じるでしょう?」

そして、“母”を追い込んでいく存在となる息子トジュンには、韓流ブームの先駆者である韓国四天王のひとり、ウォンビンが選ばれた。彼にとっては兵役後初の映画、実に5年ぶりのスクリーンとなるが、「1分1秒でも目を離せない、保護していないと何か起きてしまうと思わせる俳優をイメージしたとき、真っ先に思い浮かんだのがウォンビンさんでした」と、こちらも唯一無二の人選だったと説明。さらに、キム・ヘジャとウォンビンの起用が予想していなかったプレゼントを与えてくれたと笑みを浮かべる。

「ウォンビンさんと会ったときに、キム・ヘジャさんと目がとても似ていると思ったんです。この映画ではクローズアップのシーンがたくさんありますし、シナリオのなかにも瞳や目についてのことが触れられている。ですから、この2人の目が似ていることは大きなプレゼントでした」

最後にオリジナル・ストーリーへのこだわりをたずねると「私の夢は誰かが書いてくれたシナリオをもとに映画を撮ること。でも、誰も(撮りたいと思える)シナリオを与えてくれないので、自分で書くしかない。シナリオを書く作業は苦痛で死にたいくらい辛い作業なんですよ」と苦笑いしてみせるが、「それが楽しいんだけれどね」と言っているようにも見えた。

どんなことをしてでも息子を守りたいという母親の究極の愛を描いた『母なる証明』。普遍的なテーマをサスペンスに仕上げてしまうポン・ジュノ監督の表現力に脱帽し、今までにない感動に襲われること必至のヒューマン・サスペンスだ。【取材・文/新谷里映】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報