瑠川リナ引退ライブにマスカッツ&SEXY-Jメンバー集結!!

セクシー女優の瑠川リナが、26歳の誕生日を迎える2月23日に引退ライブ「"starting over" ~瑠川リナlast birthday~」を東京・六本木morph tokyoで開催。このステージをもって、全ての芸能活動から完全引退した。

瑠川リナが、26歳の誕生日を迎える2月23日に引退ライブを開催。全ての芸能活動から完全引退した
  • 瑠川リナが、26歳の誕生日を迎える2月23日に引退ライブを開催。全ての芸能活動から完全引退した

約3時間半にもおよんだライブは、全体構成、セットリスト、メドレー編成、衣装替えパターンの全てを瑠川本人が考えるなど、約7年という女優人生における音楽活動の集大成となる圧巻のステージだった。

瑠川は2010~2013年に恵比寿マスカッツの一員として活動し、その後ソロでCDをリリース、引退まではSEXY-Jに所属し多数のライブに出演。この日は恵比寿マスカッツ時代の仲間やSEXY-Jメンバーが多数集結した。

ライブのスタートは大阪・東洋ショー劇場で披露していたパフォーマンス(曲は「Part of Your World」「君の瞳に恋してる(原題:Can't take my eyes off of you)」)。

「ついにこの日がやって来ました。こんなにもたくさんの人に集まってもらって、私は本当に本当に幸せ者です」と挨拶し、自身が「本当のデビュー曲」と明かす「TRUE REAL LOVE」を爽やかに歌いきる。

ライブのスタートは大阪・東洋ショー劇場で披露していたパフォーマンス
  • ライブのスタートは大阪・東洋ショー劇場で披露していたパフォーマンス
ファンに向けた優しい笑顔が印象的だった
  • ファンに向けた優しい笑顔が印象的だった
「こんなにもたくさんの人に集まってもらって、私は本当に本当に幸せ者です」と挨拶
  • 「こんなにもたくさんの人に集まってもらって、私は本当に本当に幸せ者です」と挨拶
「本当のデビュー曲」という「TRUE REAL LOVE」を披露
  • 「本当のデビュー曲」という「TRUE REAL LOVE」を披露

続いて、怒涛の“初代・恵比寿マスカッツ スペシャルステージ”がスタート!

まずは、初代・恵比寿マスカッツの曲のメドレーを、一人で披露する。曲目は「親不孝ベイベー」「OECURA MAMBO」「チヨコレイト」「ロッポンポン☆ファンタジー」「ハニーとラップ♪」「逆走♡アイドル」。曲の合間には「初ライブでは、緊張しすぎて声も出ない私でした。でも7年間やってきてみんなが支えてくれたから勇気を持てたし、今がある…本当にありがとう!!」と、ファンや仲間に感謝の気持ちを伝える。曲終わりには「初代・恵比寿マスカッツでやってきた曲をざらっと(笑)…やってきましたけどここまでついてきてくれてありがとうございます!」と笑いを誘う。

怒涛の“初代・恵比寿マスカッツ スペシャルステージ”がスタート
  • 怒涛の“初代・恵比寿マスカッツ スペシャルステージ”がスタート
豪快に水分補給!飲み終わった後は観客席へ投げ込むサービスも
  • 豪快に水分補給!飲み終わった後は観客席へ投げ込むサービスも
初代・恵比寿マスカッツの曲メドレーを一人で熱唱!
  • 初代・恵比寿マスカッツの曲メドレーを一人で熱唱!
瑠川は何度もファンや仲間に感謝の気持ちを伝える
  • 瑠川は何度もファンや仲間に感謝の気持ちを伝える

ここで「出ておいで~」とスペシャルゲストを呼び込む。瑠川と共に「プルカワ」というユニットをやっていた初代・恵比寿マスカッツメンバーの桜木凛が、瑠川に着せるための恵比寿マスカッツの「ABAYO」Tシャツを持って登場。生着替え(?)と伝説的ユニットの一夜限りの再結成に観客は大興奮。2人で代表曲「プルカワYES」を熱唱。

桜木凛と「プルカワYES」を熱唱
  • 桜木凛と「プルカワYES」を熱唱

同じく初代メンバーの西野翔、篠原冴美も登場しプルカワ戦士4人が集結。「ゴーゴー...プルカワ」を約4年ぶりに披露した。

西野翔、篠原冴美も登場しプルカワ戦士4人が集結
  • 西野翔、篠原冴美も登場しプルカワ戦士4人が集結
「ゴーゴー...プルカワ」を約4年ぶりに披露
  • 「ゴーゴー...プルカワ」を約4年ぶりに披露

息をつく暇もなく次のゲスト、希島あいり、栗山夢衣も加わり、6人で「スプリングホリデー」「12の34で泣いて」を歌う。

希島あいり、栗山夢衣も加わり、6人で「スプリングホリデー」「12の34で泣いて」を歌う
  • 希島あいり、栗山夢衣も加わり、6人で「スプリングホリデー」「12の34で泣いて」を歌う
初代・恵比寿マスカッツメンバーで、プライベートでも瑠川と仲良しの希島あいり
  • 初代・恵比寿マスカッツメンバーで、プライベートでも瑠川と仲良しの希島あいり
「みんなでいろんなこと頑張ってきたよね…!」と思い出を振り返る
  • 「みんなでいろんなこと頑張ってきたよね…!」と思い出を振り返る

「みんなでいろんなこと頑張ってきたよね…!」と泣きそうになりながら思い出を振り返る。瑠川がいろんな人と“プルカワ”をやったというエピソードの中で、希島の「私は経験してない…」との発言に「じゃあ今度カラオケ行ってやろうね!」と瑠川からの楽しげな提案も飛び出す。

続けて亀甲縛りを得意とする“亀甲アイドル”の栗山は「私、心残りなことがあります…リナちゃんのことを縛ったことがないんです」と言いながら縄を取り出し、ステージは即興“亀甲縛りショー”に。「動くたびに縄が食い込んで…いろんな気持ちになっちゃう(笑)」と瑠川も楽しんでいる様子。

即興“亀甲縛りショー”も!?
  • 即興“亀甲縛りショー”も!?

篠原はみんなに促され、封印した(?)自身のキャッチフレーズ入りの「瑠川リナちゃん、7年間、『おつかれさみぃー』!」と挨拶。続けて、瑠川と大の親友である篠原は「本人よりも引退の実感がある」と話し、ライブ前日の夜11:50頃に「引退についてどう思うんですか?」と聞いたという。「もうやり残したことはない!」と言い切った瑠川をカッコイイと大絶賛していた。

西野は、最近、人気女優が次々と発表する引退にちなんで“理想の引退像”をインタビューで聞かれると言い、「みんなに忘れられて、悲しむ人がいなくなってからそっとフェードアウトしたいと思っていたけど、こうやって華々しくやると、みんなうれしそうなんだなって思って…考えが改まりました。私も華々しく引退したいって思った。まだ引退する気はないですけどね」と、影響を受けたよう。

瑠川と大の親友である篠原は「本人よりも引退の実感がある」と話す
  • 瑠川と大の親友である篠原は「本人よりも引退の実感がある」と話す

続いて“瑠川リナ”になる前の高校生時代からの付き合いだというMCのシャバダバふじも呼び込まれる。メンバーに“裏・瑠川リナ”の話を求めるも「リナちゃんは本当に優等生」となかなか出てこないが、「マスカッツで一番お酒が強い」「酔うと声が高くなってカッコよくなる」「めっちゃフワフワして見えるけど…下着はほとんど黒!(笑)」と、かわいい見た目からは意外なギャップのあるエピソードも飛び出した。

さらに、SEXY-J所属の小島みなみ、白石茉莉奈、天使もえもステージへ。小島からの「卒業ということなんですけども…ルカリナちゃん、ハピネス?」との問いかけに「ハピネス~!!」と瑠川も応じる。天使は「こんな歴史に残る神聖なステージに呼んでいただいて、こんな輝かしいメンバーに囲まれて本当に幸せです」と豪華メンバーに恐縮している様子。

小島は「ルカリナちゃん、ハピネス?」と問いかける
  • 小島は「ルカリナちゃん、ハピネス?」と問いかける
ライブ前に瑠川は白石に背中を叩いてもらい気合いを注入してもらったとか
  • ライブ前に瑠川は白石に背中を叩いてもらい気合いを注入してもらったとか
天使は「こんな輝かしいメンバーに囲まれて本当に幸せ」と恐縮している様子
  • 天使は「こんな輝かしいメンバーに囲まれて本当に幸せ」と恐縮している様子

恵比寿★マスカッツメンバーでもあるこの3人も加わり、総勢9人で「バナナ・マンゴー・ハイスクール」を大熱唱。

新旧マスカッツメンバーが集結!
  • 新旧マスカッツメンバーが集結!
総勢9人で「バナナ・マンゴー・ハイスクール」を大熱唱
  • 総勢9人で「バナナ・マンゴー・ハイスクール」を大熱唱

MCを引き継いだ小島は瑠川とのエピソードを聞かれ「オトナの作品の方で共演したことがあるので、リナちゃんのモザイクの向こう側も知ってます」と刺激的な回答で会場を盛り上げる。

ここで希島あいりがソロ曲で瑠川の引退に花を添える。「さっきマスカッツの曲を歌って踊ったんですけども、すごく懐かしくて、一緒に踊ることができて幸せだなと…。マスカッツに加入して出会えて、仲良くなれて本当に良かったです…。これ、泣いちゃうな…」と涙をこぼしながら瑠川への思いを語る。ギターを弾きながらオリジナル曲「Rain Story」を披露した。歌終わりには「リナちゃんは今までずっと突っ走ってきたと思うので、明日ゆっくり休んで…また…遊びに誘ってほしいです…」とおねだりした。

そして、今度は “SEXY-Jスペシャルステージ”へ突入! 瑠川と共に、初期から一緒に活動している小島、白石、天使。この4人だけというのはこの日が最初で最後、貴重なユニット(?)で、SEXY-Jの曲をメドレーで披露した。曲目は「ギュッ」「じゃあね」「青春のフラッグ」「セーラー服を脱がさないで」。

“SEXY-Jスペシャルステージ”へ突入!
  • “SEXY-Jスペシャルステージ”へ突入!
SEXY-Jの曲をメドレーで披露!!
  • SEXY-Jの曲をメドレーで披露!!

「なんやかんや入れ替わりが激しいグループの中で(笑)、このメンバーは落ち着くね」と4人は名残惜しそうに語り合った。

ここまでヒートアップし続けた会場を、一旦クールダウンさせるかのようなバラードタイムで、3人がソロステージを披露。まずは天使が「あなたは幸せになる」で美声を聴かせ、観客を酔わせた。入れ替わりで登場した瑠川が恵比寿マスカッツの曲「アルバム」を情感たっぷりに歌い上げる。続いてステージに上がった白石は、自身が作詞した曲「with your love」を抜群の歌唱力で歌いきった。

そして、ステージに戻ってきた瑠川は「本当に不安しかなかったんです、誰もいなかったらどうしよう、冷やかし目的だったらどうしようって…。今まで30人でやってきたことを全部一人でやるっていう…最後に絶対にやりたいなって思ってたことなので…みなさん楽しんでくれましたか?」とファンへ問いかける。「今日は死に物狂いで歌いたいなって思って。後悔を残すライブをしたくないなって気持ちがすごく強かったんです」とこの日のライブへの覚悟を語った。

「後悔を残すライブをしたくない」と引退ライブへの思いを語った
  • 「後悔を残すライブをしたくない」と引退ライブへの思いを語った

ここで、この日のゲストが一人ずつ、瑠川へ言葉を贈る。(以下、抜粋内容)

西野翔「ステージを下りたその瞬間からは、みんなを笑顔にした分、今度はリナちゃんが笑顔になれる人生を精一杯送ってほしいと思います」

栗山夢衣「マスカッツで出会って、リナちゃんは本当にいつも頑張ってて、またあのリアクションが見たいなあ~…(瑠川の方を見る)…この、テンパッてるリナちゃんがすごく好き!」

希島あいり「私は本当にマイナス思考だったけど…リナちゃんの前向きな姿勢を見てきて、私もその背中を見て…(頑張れました)。明日普通の女の子に戻ると思うけど、もし何かあったら、私すごく頼りないけど支えになるので、いつでも連絡待ってます(泣)」

桜木凛「いつも私がヘマしちゃって…へこんでたらリナちゃんがフォローしてくれてすごく助かってました。今までプルリン(瑠川とのユニット時の愛称)でいさせてもらえて幸せでした! おばあちゃんになってもプルカワやりたいね!!」

天使もえ「若輩者の私に…優しく声を掛けてくださって人見知りの私は救われていました。SEXY-Jのステージで隣にいたリナさんが今日で最後っていうのが実感わいてなくて寂しい気持ちでいっぱいです。今度お酒飲みに行きましょう!」

白石茉莉奈「一緒にお仕事をすればするほど、なんて裏表のない素直な良い子なんだろうと。これからもずっとリナちゃんのファンだし、同じ時間を過ごせたことを誇りに思います」

小島みなみ「こじにとって、ルカリナちゃんはいて当たり前みたいに感じてたから、さっきまでルカリナちゃんがいないSEXY-Jが想像できなかったけど、いなくなっちゃうんだなって今実感がわいてきて…ちょっと摩訶不思議なんだけど…。今日のライブを見てて、一生懸命今日まで練習して、こんなにたくさんの方が、ルカリナちゃんに向かってピンクの棒をシャーってやってて…それってルカリナちゃんがデビューから今まで積み上げてきたことだし、ステキだなって。こじもそういう子になりたいなって思いました!」

篠原冴美「出会ってから5年間、週7でも遊んでたじゃん? 人の家に泊まるのが苦手だけどリナちゃん家には唯一泊まったことがあるくらい…私にとって親友になってる、確実に。親友だからこそケンカしたこともあったけど、リナちゃんには何でも言ってるし、何でも言ってくれるし、マスカッツに入ってリナちゃんに会えて良かったって本当に思う(泣)。一生仲良くしてください!」

瑠川と大親友の篠原は「一生仲良くしてください!」と号泣
  • 瑠川と大親友の篠原は「一生仲良くしてください!」と号泣

ここで、この日は瑠川の誕生日でもあるということでバースデーケーキ、会場中からの「おめでとう!」の言葉、サプライズプレゼント、そして同じ事務所の後輩である浅田結梨と桜木優希音、先輩のみひろから花束が贈られる。

みひろからは「瑠川、お誕生日おめでとう! 7年間…すごく大きくなって成長して…。親戚のお姉ちゃんみたいな気分でした。幸せになってください! ツッコんでくれる後輩がいなくなるのは寂しいです(笑)」とのお祝いの言葉が贈られた。

そして瑠川からのメッセージ。(以下、抜粋内容)

「今でも卒業の実感がわいていません。デビューした時は、こんなにもたくさんの人が自分のことを応援してくれるなんて思ってなくて、マイナス思考で、自虐的だったんですよ。だからこの道を選んだものの、一番偏見があったのは自分で。でも実際は、みんなが熱意をもって作品を作り上げてて、『所詮セクシー女優なんて』って思うことがすごく失礼なことなんだなって今では思います。

正直、私は音楽をやりたくはありませんでした。セクシー女優になったのに何で歌を出さないといけないんだって。最初は『自分なんか…』って自信がなくて。でも、続けていくうちにみんなが私に自信と勇気をくれました。7年前、今の事務所に入って“瑠川リナ”として活動してなかったら、今の自分は絶対にいなかっただろうし、今の自分に出会えたのはみなさんのおかげです、心から感謝しています。卒業してからもどんどん前へ進んで、一人の女性として幸せな人生を歩みます。みなさん応援ありがとうございました!」

「今でも卒業の実感がわいていません」と語る瑠川
  • 「今でも卒業の実感がわいていません」と語る瑠川
「卒業してからもどんどん前へ進んで、一人の女性として幸せな人生を歩みます」と宣言
  • 「卒業してからもどんどん前へ進んで、一人の女性として幸せな人生を歩みます」と宣言

そして、いよいよライブが終演へ。「もう(涙で)顔がボロボロですけど…最後の最後まで…ボロボロになるまで歌いたいと思います!!」と、瑠川リナ、アイドル性全開&全力のソロ曲メドレーへ。曲目は「夏色のナンシー」「17才」「六本木純情派」「ダンシングヒーロー」。最後までファンを楽しませようとする瑠川の演出に、会場も最高潮に盛り上がる。

瑠川リナ、アイドル性全開&全力のソロ曲メドレーへ
  • 瑠川リナ、アイドル性全開&全力のソロ曲メドレーへ
「ダンシングヒーロー」など計4曲の歌とダンスで観客を魅了した
  • 「ダンシングヒーロー」など計4曲の歌とダンスで観客を魅了した

アンコールに応え最後のステージへ上がった瑠川は「今日は本当に忘れられない…最高に最強な一日になりました。この日のことは死ぬまで忘れません。これから歌う曲をもって私は“瑠川リナ”と音楽活動を完全に卒業して新しい道に進みたいと思います! 最後まで見届けてください! 帰ってこないからな!」との決意表明にふさわしい、恵比寿マスカッツの曲「ABAYO」を、最初は一人で歌い、この日出演した全員がステージに再集結して最後は9人で大熱唱。

瑠川「今日は本当に忘れられない…最高に最強な一日になりました」
  • 瑠川「今日は本当に忘れられない…最高に最強な一日になりました」
最後の曲は、恵比寿マスカッツの曲「ABAYO」
  • 最後の曲は、恵比寿マスカッツの曲「ABAYO」
この日出演した全員がステージに集結して最後は9人で大熱唱
  • この日出演した全員がステージに集結して最後は9人で大熱唱

「7年間、瑠川リナを応援してくれて、ファンになってくれて、ありがとうございました!」と言った後マイクを置き、続けて生の声で、直接観客へ届ける。「私のことを一生忘れないでください! みなさん大好きです! 最高の一日を…最高の26歳の初日を、ありがとうございました! 絶対に幸せになるぞ! あばよ!!」という言葉で、一夜限りの笑顔と涙の激熱ライブと、7年間第一線で活躍し続けた“瑠川リナ”の人生に幕を下ろした。

最後の言葉は、マイクを通さず直接ファンへ語りかけた
  • 最後の言葉は、マイクを通さず直接ファンへ語りかけた
「あばよ!!」という言葉で、一夜限りの笑顔と涙の激熱ライブと“瑠川リナ”の人生に幕を下ろした
  • 「あばよ!!」という言葉で、一夜限りの笑顔と涙の激熱ライブと“瑠川リナ”の人生に幕を下ろした

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報