映画

第89回アカデミー賞主演女優賞は『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン!

MovieWalker 2017年2月27日 14時07分 配信

すべての写真を見る(5件)
現地時間2月26日(日本時間27日)にハリウッドのドルビー・シアターで開催された第89回アカデミー賞授賞式。この日の華となる主演女優賞は、『ラ・ラ・ランド』(公開中)のエマ・ストーンにもたらされた。

エマ・ストーンは1988年アメリカ、アリゾナ州生まれ。大ヒットシリーズ『アメイジング・スパイダーマン』(12)とその続編(14)で広く知られ、『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)でアカデミー賞(助演女優賞)初ノミネートを果たす。

ハリウッドを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画となる本作では、女優志望のミアを演じたエマ。共演のライアン・ゴズリングとともに華麗なダンスや歌も披露し、“夢追い人”をみずみずしく体現。第73回ベネチア国際映画祭、第70回英国アカデミー賞をはじめ、今季の数多くの賞を総なめにしている。

プレゼンターは、レオナルド・ディカプリオ。ジバンシィの輝くようなドレス姿のエマは、ライアンとハグをしてステージに上がった。

頬を紅潮させながら、「尊敬する女性たち。並ぶことができただけでも光栄」と他の候補者たちに敬意を表した。「一生に一度のチャンスをもらった」とチャゼル監督に感謝の言葉を述べ、「いつも笑わせてくれたライアン。素晴らしいパートナー」とニッコリ。

「まだまだ成長して、学ばなければいけないことがある。これはそのシンボルです」とオスカー像をしっかりと握り締めるとともに、さらなる未来を見つめていた。【Movie Walker】

ラ・ラ・ランド

2月24日(金) 公開

第87回アカデミー賞で3部門に輝くなど、数々の映画賞を受賞した『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミ...

関連記事

おすすめ情報