水野裕子が宮崎県日南市で移住生活スタート!

「イチから住~前略、移住しました~」(テレビ朝日系)で、3月5日(日)放送分から水野裕子が宮崎県日南市で移住生活を開始!
  • 「イチから住~前略、移住しました~」(テレビ朝日系)で、3月5日(日)放送分から水野裕子が宮崎県日南市で移住生活を開始!

3月5日(日)放送の「イチから住~前略、移住しました~」(毎週日曜夜6:30-6:57テレビ朝日系)で、“肉体派タレント”水野裕子の宮崎県日南市での移住生活がスタートする。

'82年愛知県生まれで「王様のブランチ」(TBS系)のリポーターを経て、現在はバラエティー番組出演やスポーツキャスターなどで活躍中の水野。「筋肉番付」(TBS系)から生まれた舞台「マッスルミュージカル」に出演し、「サイボーグ魂」(TBS系)の企画では総合格闘技に挑むなど、“肉体派タレント”としても知られている。現在は管理栄養士の資格取得を目指して4年制大学に在籍中で、“食”に深い興味を抱いているという。

そんな水野が移住する日南市は、南国リゾートの雰囲気が漂う美しい海と温暖な気候で知られ、海の幸や山の幸にも恵まれた場所。“肉体派でおいしいものが大好き”という水野にとって、うってつけの移住先となる。

移住初日、日南市に降り立った水野が、早速漁港でにぎわう場所へ向かうと、そこはカツオのわら焼きや刺身、カツオ丼などが振る舞われ、大盛況な様子。日南市はカツオの水揚げ量が全国トップクラスだということで、水野もその味を堪能する。

出会う人々に「日南市の良いところは?」と聞いた水野は、「食べ物がおいしく、自然豊かなところが魅力」という地元の人々の返事に、これからの移住生活に期待を寄せる。

さらに、港では多種多様な魚が釣れるとのことで、釣りが趣味だという水野にとってうれしい発見に。今回の移住にも“マイ釣りざお”を持参してきた水野は、釣りだけでなく魚を料理するのも大好きだと言い、「地元ならではの郷土料理もどんどん覚えたい!」と意欲を見せる。

その後、これからの住まいを探すため、海まで30秒で使い勝手の良い広いキッチンがある家を見学した水野は、なんとこの物件に即決。出会ったばかりの近所のお母さんが、夕食のあてもない水野に獲れたての魚をごちそうしてくれ、水野は感激する。

地元の人々の助けを得ながら移住を始めた水野は「海も山も近くて、気候も人柄も良く、おいしいものもたくさんあって…想像通りの街だったので、日南市で楽しく生活できる予感を今、すごく感じています」と宣言。

オンエアが始まってすぐ、35歳の誕生日(3月8日)を迎える水野は「私の座右の銘は、“食べることは生きることの根っこにある”というもの。その土地の食材や料理を知ることは、今後の私の人生にとって大きな経験になるはず。将来、もし移住を決めたとき、ここ日南市が第一候補になるような、そんな機会になれば…」と語った。

また、水野は「都会で暮らしていて思うのは、便利な生活は本当に幸せなのかな、ということ。便利過ぎる暮らしに慣れてしまうと、感謝の気持ちを失い、ワガママになっていくのではと思います。不便なことは不幸ではなく、それが逆にゆとりや余裕につながることもあるはずです。今回の移住生活を通じて、そんなところが皆さんに伝わると良いなと思っています」と意気込んだ。

「イチから住」
毎週日曜 夜6:30-6:57
テレビ朝日系で放送
※水野裕子の移住生活は3月5日(日)より

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報

注目のキーワード