サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

チェックリストであなたの“片付けられない症候群”度を判定

ぐちゃぐちゃのデスク周り
  • ぐちゃぐちゃのデスク周り

ゴミ屋敷…とまではいかなくても、自分の部屋がカオス状態! そんな経験ありませんか? もしも思い当たる節があるなら、それは“片付けられない症候群”かも!? まずは下記のリストをチェックして、いくつ当てはまるか試してみてほしい。

□ケアレスミスが多い

□注意を持続できない

□人と対面して話すのが苦手

□話が飛んでしまう傾向がある

□ソワソワしてしまう

□指示に従えない

□じっと人を待つことができない

□早合点が多い

□考えが飛躍する

□掃除中に昔のアルバムが出てくるとついつい見入ってしまう

□忘れ物が多い。財布を忘れて出掛けることもしばしば

□自分が今、何をやっていたか分からなくなる

□挙動不審だね、と友達に言われることがある

□しゃべり過ぎることがある

□やりたいことは今すぐやる! 

このチェックリスト、6〜10個以上当てはまるなら“片付けられない症候群”の可能性あり。そこで実際、6個以上当てはまるという人たちの生活ぶりを取材してみた。

まずは「部屋が散らかってどうしようもない」という10代の女子大学生。現状を聞いたところ「今、私は足の踏み場もない部屋に住んでいます。きれいにしたい気持ちでいっぱいですが、片付ける方法が分からない。主に雑誌やマンガが多く散らかっていて、家族に勝手に捨てられることもあるから悲しい」と、“本当は片付けたいんだ”という気持ちを吐露してくれた。

一方、突然“片付けられる人”に変ぼうした20代女性の成功者もいる。「私の部屋も、前はすごかった。ベッドの周りをぐるりと取り囲むように、衣類や物が山積みになっていた。“いらないものを捨てること”ができなくて。でも、かわいい家具を買ってインテリアに力を入れ始めたら、それまで集めていた食玩類が、決めた部屋のテイストに合わなくなってしまい…。それで、いらないものは“捨てられる”ように。今は、家具を使って衣類を色ごとに分けて収納するまでになり、きちんと整った部屋をキープ中!」とのこと。

他の“片付けられない人”からもよく聞くのが、「収納家具がない」「物を捨てられない」という話。前述の成功者の体験談を踏まえて、まずはお気に入りの収納家具を買う、というのも良いヒントになりそうだ。散らかった部屋に大型家具を入れるなんて…と思うかもしれないが、ひとまず“そこにしまう”という単純作業を徹底すれば、片付けへの道が開けるのかもしれない。

「南青山アンティーク通りクリニック付属 南青山カウンセリングセンター」の精神科医・福西勇夫先生によると、“片付けられない症候群”の極端な例では、ADHD(注意欠陥多動障害)という脳の障害も考えられるそうだが「軽度の人もいれば、重度の人もいる。メディアで取り上げられているので、心配でカウンセリングを受ける人はいますが、“片付けられない”のは鬱病の人にも多く、その中の一部に本当のADHDの人がいる、という感じです」と話す。

また、「ADHDの人は、物事をシステマチックに考えられない傾向にある。片付けをするためのプロセスを考えるのが難しく、 物をあっちからこっちへ…と移動させるだけで終わってしまったりします」と先生。部屋がゴミ屋敷のようになってしまって、チェックリストでは13〜15個当てはまった、という人はADHDの可能性もあるかもしれないのだとか。チェックリストには引っかからなくても、自分のテリトリーが散らかっていては気分がスッキリしないもの。そんな人は、少しずつでも片付ける習慣を身につけて! 【東京ウォーカー】

※このチェックリストに当てはまったすべての方がADHD患者という訳ではありません。また、“片付けられない症候群”は、あくまで片付けが苦手な傾向にある人たちを差した言葉であり、正式な病気、病名ではありません

福西勇夫先生
(経歴)
1984年徳島大医学部卒後、1992年米国カンサス州メニンガークリニックに留学し、1994年から東京都医学研究機構・東京都精神医学研究所・臨床心理研究部門主任研究員、同研究所リエゾン精神医学心身医学研究部門長を経て、2003年に南青山アンティーク通りクリニックを開院、2005年に医療法人真貴志会に(2000年より現在もなお、米国マサチューセッツ州ハーバード大学医学部 マサチューセッツ総合病院客員教授を兼任している)

キーワード

[PR] おすすめ情報