映画

イギリス人俳優の“新御三家”!? 怪獣相手の正統派ヒーロー役も普通にカッコいい!

MovieWalker 2017年3月5日 17時54分 配信

『GODZILLA ゴジラ』(14)の製作チームが放つアクション大作『キングコング:髑髏島の巨神』が、いよいよ3月25日(土)から公開。本作で、人気英国俳優のトム・ヒドルストンが披露する、対巨大怪獣の大立ち回りがヤバい…!?

すべての写真を見る(3件)
『マイティ・ソー』(11)、『アベンジャーズ』(12)の悪役・ロキを演じて以来、陰のある雰囲気とセクシーなルックスで注目されたヒドルストン。ベネディクト・カンバーバッチ、エディ・レッドメインと並んで、イギリスの“新御三家”と言われるほどの人気ぶりだ。

今回ヒドルストンが扮するのは、太平洋の孤島へ派遣される未確認生命体の調査チームのリーダーであり、高い戦闘技術とサバイバル能力に長けたスペシャリスト、ジェームズ・コンラッド。これまで『アイ・ソー・ザ・ライト』(15)や『クリムゾン・ピーク』(15)などで、クセのある役柄を演じてきた彼だが、正反対ともいえる王道アクション映画で、堂々の主演を務める。

チームを引き連れたコンラッドは、島の王である31.6メートルを超えるキングコングだけにとどまらず、肉食恐竜のように凶暴な巨大爬虫類型のスカル・クローラーなど、規格外の“怪獣”たちと対峙する。188センチと高身長のヒドルストンが肉体を鍛え上げ、ジャングルで展開される決死の攻防や、ヘリコプターでの危険な空中戦に挑戦。絶体絶命の状況下で逃げ惑い、時には凛々しく立ち向かうなど、ヒドルストンの“正統派アクションヒーロー”的である意味レアな表情が堪能できるのだ。

映画公開直前の3月14日(火)と15日(水)には、メインキャストであるブリー・ラーソンとサミュエル・L・ジャクソンと共に、初来日が決定している。一皮むけた本作での活躍で、日本でのトムヒの人気はますます加速しそう!【トライワークス】

キングコング:髑髏島の巨神

2017年3月25日(土) 公開

モンスター映画の人気キャラクター、キングコングと巨大生物が登場し、彼らに襲われた人間たちのサバイバル劇を描くアドベンチャー。31.6mという歴代シリー...

関連記事

おすすめ情報