サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

1分の使い方が勝負!紅茶のおいしい入れ方“5か条”

ポイントは“1分間の使い方”。紅茶と対話する気持ちでいれればいつもの紅茶がぐんとおいしくなる
  • ポイントは“1分間の使い方”。紅茶と対話する気持ちでいれればいつもの紅茶がぐんとおいしくなる

手軽に作れるとあって、自宅やオフィスでも人気の「紅茶」だが、自分でいれると渋みが出たり香りが立たなかったりで、なかなかお店のようにはいかないもの…。そこで、日本紅茶協会認定ティーインストラクターの斉藤由美さんを直撃! ティーバッグ1つでできる、おいしい紅茶のいれ方を教えて!

「ポイントは“1分間の使い方”ですね」と開口一番、斉藤さん。「1分間の使い方…?」と首をかしげる記者に、「さっそく作ってみましょう」と紅茶レッスンスタート!

1つ目は「お湯の温度」。紅茶の場合、紅茶のおいしさを構成する成分を抽出するため、5円玉大の泡がグラグラ煮えたぎるほどの熱湯がベスト。ちなみに、日本の水は紅茶に合う軟水なので水道水で十分なのだとか。

2つ目は「食器」。ポットやカップなどを事前に温めておくのも重要なポイント。あくまでできるだけ熱いお湯で紅茶を抽出することが目的なので、ポットで作るときはポットを、直接カップで抽出するときはカップを、少量のお湯を全体に行き渡らせるように温めればgood!

3つ目は「ティーバッグの使い方」。おいしい紅茶を作るなら、1杯(200ml)につき“1ティーバッグ”が原則! 記者のように、もったいないからと1つのティーバッグで2〜3杯作るのはNG。ティーバッグは短時間で色・味・香りをしっかりと抽出できるよう、特別に製造されたものなのだ。ちなみに、使い終わったティーバッグだが、魚焼きグリルの網の油汚れを落とすのに便利とのことなので、再利用したい人は試してみて!

4つ目は「抽出の仕方」。よくティーバッグを上下に振る人がいるがこれはNG! ティーバッグを強く動かすと、おいしい成分より先に色だけが出てしまうのだとか。ポイントは「ティーバッグは動かさずに、フタをして最低1分間」。紅茶と対話する気持ちで待つとおいしい紅茶の出来上がりだ。

5つ目は「飲み方」。飲むときの温度は自分の好みでいいのだそう。熱湯で紅茶を作ったら、自分の心地よいという温度まで待てばOK。決して熱々の状態で飲まなくてはならないということはないので猫舌の人もご安心を。ミルクティー好みの人は、ここで冷たい牛乳を加えるのがベスト。ミルクティーのミルクは温めないのが鉄則だ。

紅茶好きなら当たり前かもしれないが、いつもティーバッグをざぶざぶとお湯で動かし、何度も使い回していた記者からすれば目からウロコの情報ばかり。「抽出を待つ1分間は紅茶との対話だと思ってください。思いが伝われば自然とおいしい紅茶になりますよ」と言う斉藤さんの言葉どおり、忙しい仕事の合間のほんの“1分”でホッとできる紅茶をいれてみては? 【東京ウォーカー】

<プロフィール>
斉藤由美(さいとうゆみ)
ユニリーバ・ジャパン リプトンPR担当
日本紅茶協会認定ティーインストラクター

テレビ、ラジオ、雑誌など多方面で活躍中。著書に「英国紅茶の贈り物」(KKベストセラーズ)、「すてきな紅茶生活」(PHP出版)、「紅茶の保健機能と文化」(アイ・ケイコーポレーション)がある。

キーワード

[PR] おすすめ情報