女性

簡単なのに上級者風!?グレープフルーツのサラダレシピ5選

レタスクラブニュース 2017年3月19日 11時30分 配信

爽やかでおしゃれなサラダを我が家でも簡単に!

グレープフルーツは酸味と甘み、みずみずしさのバランスがサラダにぴったり。特に魚介類との相性もよく、さっぱりといただけます。しかも、グレープフルーツが入るだけで、おしゃれな仕上がりになるのがポイント。グレープフルーツの種類によっても色合いや味にも変化が出るので、マイベストを見つけてみてはいかが?



爽やかな酸味「サーモンとグレープフルーツのサラダ」

すべての写真を見る(5件)
<材料2人分>

生鮭(刺し身用)…120g、グレープフルーツ…1個、プリーツレタス(またはレタス)…1枚、粒マスタード、塩、こしょう

<作り方>

1.鮭は表面の水をふき取って、1cm幅に切る。

2.グレープフルーツは上下の皮を切り落とし、側面の皮をそぎ取って、薄皮に沿って切り目を入れて、房ごと果肉を取り出す。残った薄皮も絞って果汁を残す。

3.ボウルに2の果汁大さじ2、粒マスタード小さじ2、塩、こしょう各少々を加えて混ぜ合わせ、グレープフルーツの果肉と1、プリーツレタスを一口大にちぎって加え、さっと混ぜ合わせる。

グレープフルーツの酸味がサーモンとマッチ。彩りもよく、食卓が明るくなる一品です。



ワインのお供にもどうぞ「グレープフルーツとえびのサラダ」

ハーブと共に漬け込んだ香り高いえびが美味。グレープフルーツのプチプチ感と、えびのぷりぷりとした食感がよく合います。



いつもと違う「セロリとグレープフルーツのサラダオニオンドレッシング」

市販のドレッシングに玉ねぎのすりおろしを入れるだけで、奥深い味わいになります。セロリも入ってさらに爽やかに。



練りがらしがポイント「グレープフルーツと帆立のサラダ」

菜の花を飾って、彩りよく季節の一品に仕上げましょう。果汁で練りがらしを溶いたドレッシングが食材とよく合います。



おもてなしに使いたい「グレープフルーツと鯛のサラダ仕立て」

グレープフルーツの酸味と苦みが鯛の甘みを引き立てます。素材の良さを際立たせるシンプルな味つけです。



疲労回復や美肌効果も期待できるグレープフルーツ。ぜひもっと食卓に取り入れてみましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

おすすめ情報