エンタメ

今、一番面白いテレビ番組は?

ザテレビジョン 2009年11月5日 17時25分 配信

すべての写真を見る(1件)
テレビ情報誌「月刊ザハイビジョン」(角川マーケティング)は、同誌の読者ターゲットである30代以上の男女1000人を対象に、今一番面白いと思うテレビ番組についてアンケート調査を実施、現在発売中の12月号で発表した(アイブリッジ株式会社調べ・編集部まとめ)。

同誌は、地上デジタル、BS、CSの89チャンネルの番組情報を網羅したテレビ情報誌。12月号で「30代以上限定アンケートで決定! オトナ1000人が選ぶ 今、一番面白いテレビ」を5ページにわたって特集している。

リサーチの結果、「地上デジタル」部門では、“おバカキャラ”をはじめ、“羞恥心”など“ヘキサゴン・ファミリー”と呼ばれる数々の人気ユニットを輩出する島田紳助司会のクイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」(毎週水曜、フジ系)が1位に輝いた。「島田紳助とゲストたちの掛け合いが絶妙に面白い」(70歳・男性)、「おバカな出演者たちになぜか癒やされる。おバカながら一生懸命やっている回答者たちの姿がいい」(50歳・女性)などと評価されている。第2位は、毎週水曜にNHK総合で放送中の「ためしてガッテン」。生活の身近な疑問や謎を最先端の科学と実験で“合点”のいくまで調査する情報バラエティーだ。「テーマに対する解説および実験が分かりやすい」(60歳・女性)などNHKならではの番組構成力を発揮し、分かりやすく伝えている点が高評価につながっている。第3位には、「報道ステーション」(毎週月〜金曜、テレビ朝日系)がランクイン。メーンキャスターの古舘伊知郎のトークやコメントを評価する声が多く聞かれた。

以降のランキングは以下の通り。4位「秘密のケンミンSHOW」(毎週木曜、日本テレビ系)、5位「ワールドビジネスサテライト」(毎週月〜金、テレビ東京系)、6位「開運!なんでも鑑定団」(毎週火曜、テレビ東京系)、7位「たかじんのそこまで言って委員会」(毎週日曜、読売テレビ、中京テレビほか)、8位「ネプリーグ」(毎週月曜、フジ系)、9位「ガイアの夜明け」(毎週火曜、テレビ東京系)、同率9位「ビートたけしのTVタックル」(毎週月曜、テレビ朝日系)。

また、「BS&スカパー!e2」部門では、人気海外ドラマ「CSI:科学捜査班」(AXN、WOWOWで放送中)が1位に。「すべてにおいてリアリティーがある」(34歳・男性)、「ストーリーもキャラクターも面白い」(43歳・女性)などアメリカの人気ぶりを日本でも反映する結果となった。そして、2位はBSフジで放送中の「欧州鉄道の旅」と同じくBSフジで放送されているバラエティー「所さんの世田谷ベース」の2番組。「欧州鉄道の旅」は単なる世界の鉄道紹介ではなく、車窓からの美しい映像が評価され、「所さんの世田谷ベース」は所の遊び心に刺激された40〜50代男性の支持が強かった。ほか、ドラマ「LOST」(AXN)、「街道てくてく旅」(NHK BS-2、ハイビジョン)など、海外ドラマや紀行ものなどが人気だった。

ほか、年代・性別ごとのそれぞれの1位番組は、30代男性が「ワールドビジネスサテライト」、30代女性が「クイズ!ヘキサゴンII」、40代男性が「秘密のケンミンSHOW」、40代女性が「クイズ!ヘキサゴンII」。また、50代は男性女性共に「クイズ!ヘキサゴンII」が、60代は男女共に「ためしてガッテン」という結果となった。



「月刊ザハイビジョン」毎月24日発売 360円(税込) 角川マーケティング

おすすめ情報