エンタメ

美しさの秘訣は何?安田美沙子は「マラソン」桜井裕美は「ゴルフ」

東京ウォーカー(全国版) 2009年11月5日 17時55分 配信

すべての写真を見る(9件)
11/5、キットカットとTBCのコラボレーション企画「自分一美人プロジェクト」が始動し、タレントの安田美沙子さん、モデルの桜井裕美さん、お笑いコンビのクワバタオハラによるトークショーが開催された。その中で4人は、“自分一美人応援団”として、それぞれの考えや、夢をかなえるために努力しているエピソードを披露した。

「自分一美人プロジェクト」とは、“自分史上一番のキレイを見つけるために努力する女性”を応援するプロジェクト。「キット、願いかなう。」の“キットカット”の呼び掛けに、エステティックの“TBC”が、「美しさを目指す方法」を提案し、協力した形だ。“自分一美人応援団”に選ばれた4人は、トップスは白、ボトムスは黒というドレスコードに従って登場し、それぞれの魅力をアピールした。

「今が自分史上、一番キレイ」と豪語するクワバタオハラのくわばたりえさんは、「結婚後、太った」と相方の小原正子さんにツッコまれ、「旦那さんに甘やかされちゃって、すみません」とデレデレと謝罪。一方、小原さんは「昨日の自分より、今日の自分が老化しないように努力していく」と“美”について真面目に語った。

また、京都弁で優しい印象の安田さんは、「一年前からマラソンをしているので、それが“美”につながっていると思います。走ると不調なところに気がつくので。今は、フルマラソンで4時間を切るのを目標にしています。努力し、自信をオーラにして、キラキラしていければいいなと思う」と、熱い想いを披露。ファッション雑誌で活躍中の桜井さんは、「月に何度かゴルフのコースを回ったり、ジムに行ったり。甘いものもお酒も好きだけど、“バランスよく”を心掛けています」と話した。

今回、このプロジェクトには特別レッスン生としてオーディションで選ばれた一般女性3人が参加。キットカットと TBCのサポートの下で、「メリハリボディーを手に入れて、自分の着たいミニのワンピを着る」といった願いを、クリスマスまでにかなえる予定だ。【東京ウォーカー】

おすすめ情報