エンタメ

吉沢亮、「トモダチゲーム」の見どころは「友情や人間の汚い部分」

ザテレビジョン 2017年3月9日 6時00分 配信

漫画「トモダチゲーム」が映像化され、テレビドラマが4月からスタート。さらに、'17年内に映画も公開される予定となっている。

そこで、ドラマスタートを前に主人公・片切友一を演じる吉沢亮にインタビュー。作品の魅力や見どころなどを語ってもらった。

すべての写真を見る(11件)
「トモダチゲーム」は原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生による作品。「別冊少年マガジン」(講談社)で'14年1月号から連載されている。

高校生の友一は、仲の良い4人のクラスメート・美笠天智(山田裕貴)、沢良宜志法(内田理央)、四部誠(大倉士門)、心木ゆとり(虹のコンキスタドール・根本凪)と共に、大金の懸かった謎の“トモダチゲーム”に参加。

「友人を疑ってしまう」ような内容の“トモダチゲーム”において、友一と4人の友人は“金”より“友”を選べるのかを試されていく。

吉沢亮が「トモダチゲーム」を語る

――初めに、「トモダチゲーム」という作品について教えてください。

どこにでもいるような仲の良いクラスメートの男女5人が、突然「トモダチゲーム」という謎のゲームに巻き込まれることになります。今まで普通に接してきた友達の裏の顔がどんどん見えてきて、友情やお金、恋愛感情が絡んで崩れていくっていう流れで。そんな中、本当に友達を選べるのかという、「お金を取るのか? 友達を取るのか?」みたいなものがテーマになっている作品です。

――そして、吉沢さんが演じる片切友一についても紹介していただけますか?

物語の主人公で、すごく貧乏な暮らしをしています。両親がいなくて、1人でバイトしたり自活していて。その中で唯一の支えだった友達というものに、この「トモダチゲーム」の中で裏切られて、どんどん友達を信用できなくなっていきます。壮絶な過去があって、そこで生まれた彼の人間性や汚い部分、下衆な部分がすごく出てきてますが、そういう部分を出しながらも、友達を守る!みたいな、ダークヒーローのような要素のある役です。

――劇中、「トモダチゲーム」への参加という理不尽な状況にいきなり放り込まれてしまいますが、吉沢さんだったらゲームに参加しますか?

しないでしょうね(笑)。しないですけど、参加しなきゃいけない状況。そんな中、どうなるんですかね?「ゲームに参加して、賞金何百万円をもらえる」とかだったら、まだ友達を信じ続けられると思うんですけど…負けたら身に覚えのない借金を背負わされるっていう、しかも誰の借金なのかも分からないっていう状況だと、ちょっと友達を疑っちゃいますよね。

――できれば、そんな状況にはなりたくないですね。

なりたくないです!(笑)

吉沢亮の大きな決断とは!?

――劇中では「友達か? お金か?」という難しい選択を迫られますが、これまでの人生で吉沢さんにとって難しい選択や大きな決断ってありましたか?

大きな決断…あんまりない気がします (笑)。なんとなくスルスルと、あんまり考えずにやってる気がするので。

――今のところ、あまり大きな岐路だったと感じるものはなかった感じですか?

仕事も何かと天秤にかけて始めたわけでもないし、気付いたらやっていたみたいな感じなので。でも、過去に「この作品をやるべきなのか、やらないべきなのか」みたいな部分はありました。「このタイミングで、この作品をやるのは果たして正解なのか?」みたいな。

もちろん長い目で見て、役者としてやっていく上では、全部が絶対に必要な経験なんですけど。「今このタイミングで、これをやるよりも、もっと必要な物があるんじゃないか」とか、そういう事を考えたりする瞬間っていうのはよくありますね。

――心理戦といった内容の作品なので、目で語るような演技も多かったと思いますが、やはり難しかったですか?

難しかったです! ドラマ版は「コックリさんゲーム」っていう、みんなで「はい」か「いいえ」かを選ぶゲームで、喋っちゃいけないっていうルールだから一言も喋れないので、それぞれの表情を見たりとか。

――その表情も、嘘かもしれませんからね。

そうなんですよ。「コックリさんゲーム」は5ゲームあって、その中でも段階とかあるし、目線の動き1つで感情を出さなきゃいけなかったりして難しかったです。ただ、やってる時は意外とみんな集中してるから、自然とそういう顔になっていたので、すんなりできていたような気もしますけど(笑)。

吉沢亮が語る“片切友一の魅力”とは?

――吉沢さん自身、心理戦を描いた作品はお好きなんですか?

そういうミステリーとかは、あんまり見ないんです。だから、この「トモダチゲーム」の原作もやらせていただくまでは知らなくて。やらせていただくということで読んだんですけど、ハマっちゃいました! 読みながら、犯人は誰なのか?とか、裏ではどんな事が行われているのか?とか、結末とかを想像するんです。僕だけじゃなく、見る人もそう思いながら見ると思うんですけど、ことごとく裏切られる感じというか、そっちだったの!?っていう瞬間がすごく多くて、ドキドキしながら原作は一気に読んじゃいました!

――読んでる時はファン目線だったと思いますが、ふと自分で演じると考えた時に見方は変わりましたか?

難しそうだなと。友一ってこのゲームの空間に飲まれているようでいて、実は彼が空間を支配しているというような役なので。どこまでが嘘で、どこまでが本当なのか、彼自身も分かりづらいというか…。追い詰められたような表情をしてるけど、実はそれも計算の内というような部分がすごく多かったりするので、そういうのはやりながら監督と、どこまで知ってるんですかね?とか相談したりしていました。友一がこの状況をどこまでつかんでいて、どこからが素の表情なのかっていうのが、やっていて結構難しかったです。

――そんな友一の魅力は、どんなところだと思いますか?

友一ってどんな人間だろう?って考えた時に、正直分からなくて。こういう人間だ!というのがないと思うんです。それぞれに全然違う顔ができるし。だから、こういう人間!というものはないけど、いろんな人間性を持っているというか、誰にでもその場に適した顔ができるというか。頭の回転もすごく速いし、賢いし。多分、彼の中の全部が本当の部分なんだろうけど、それが嘘にも見えるし、本当に分からないミステリアスな人だなというところが、彼の魅力だなと思いました。

――友一も含めた主要登場人物5人の中で、吉沢さんはどの人に近いと思いますか?

どのキャラにも近くないと思います(笑)。でも、しいて言うなら友一ですね。自分の中のドス黒い物を隠しているというか…彼の場合は出てきちゃうんですけど。彼のその部分が出てこないと、この物語が進まないので(笑)。そういう、自分の奥底にある物は誰にも見せずにいる感じっていうのが、僕と似てるなというか。僕も軽い悩み事とかは簡単に人に話しちゃうんですけど、本当に自分が悩んでいる事とかは家族にも言いたくなくて、誰にも言わずに自分の中でどうにか処理したいと思うので、そういう部分は似てるのかなっていう気がしますね。

現場の雰囲気は「合宿みたいな感じ」

――撮影はもう終わっていますが、現場の雰囲気はどんな感じでしたか?

この5人は仲良かったですし、毎日朝早くから夜中までの撮影だったので、合宿みたいな感じでした。撮影でずっと一緒にいたので現場にいる時も、控室で待ってる時とかも、くだらない話をしたり。でも、みんな芝居に対して真面目なので、やる時はちゃんとやるし、ずっと撮影だったから時間がない中でセリフを入れたり、ちょっと空いたら本読みしたり、緊張と緩和のバランスがしっかり取れているチームで、とても居心地が良かったです。

――そんな素敵なメンバーだったら、また同じメンバーでやりたくなりますね。

うん、楽しかったので、やれるならやりたいですね。

見どころは“友情や人間の汚い部分”

――では、最後に作品の見どころを教えてください。

「トモダチゲーム」のドラマ版は、それぞれの登場人物の裏の顔が若干垣間見える瞬間というか。こんな状況に追い詰められて、それぞれがすごく動揺する中、誰しもが持っている人間の汚い部分というか、裏の顔…裏の顔というか、そっちが本当の顔なのかもしれないですけど、そういう顔が垣間見えます。

人間の汚い部分や奇麗な部分が出てきたり、引っ込んだりっていうのが繰り返される状況で、誰が嘘をついていて、誰が本当の事を言っているのかが全く分からない状況に、どんどん入っていきます。見る人も「誰が犯人なんだろう?」とか思いながら見ると思いますが、その時のハラハラ、ドキドキ感といったスリルを楽しんでいただけたらいいですね。

あとは、友情。どれだけ汚くても、友情の重さというか、こういう状況だからこそ友情が試された時に、お金じゃなくて友情を取れるかっていう部分です。普通に生きてたらこういうゲームにさらされることはないですけど、でもそういう友情や人間の汚い部分っていうのをリアルに描いている作品だと思うので、見ながら「自分はどうなのか?」とか感じていただけるようであれば嬉しいです!

ドラマ「トモダチゲーム」
全4話
【放送局・放送時間/スタート日】
tvk・毎週木曜夜11.00-11.30/4月6日
北海道テレビ・毎週月曜夜1.20-1.50/4月3日
テレ玉・毎週木曜夜1.00-1.30/4月6日
チバテレ・毎週月曜夜10.30-11.00/4月3日
メ~テレ・毎週水曜夜2.29-2.59/4月12日
KBS京都・毎週土曜夜11.30-0.00/4月8日
サンテレビ・毎週日曜夜11.30-0.00/4月9日
KBC九州朝日放送・毎週水曜夜1.50-2.10/4月12日
※GYAO!(http://gyao.yahoo.co.jp/)にて4月12日(水)夜3.00より見逃し配信決定。
出演=吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪、上野優華、天月-あまつき-/久保田悠来 ほか
【HP】http://tomodachi-game.com/
(C)山口ミコト・佐藤友生/講談社 (C)2017「トモダチゲーム」製作委員会

  • 「トモダチゲーム」がテレビドラマ&映画化される。そこで、主人公・片切友一を演じる吉沢亮に話を聞いた
  • 【写真を見る】吉沢亮、「トモダチゲーム」が現実にあったら「参加しないでしょうね(笑)」
  • 「突然『トモダチゲーム』という謎のゲームに巻き込まれ、その中で『お金を取るのか? 友達を取るのか?』みたいなものがテーマになっています」と作品を紹介
  • 自身の、これまでの人生での岐路についても語ってくれた
  • 「友情や人間の汚い部分っていうのをリアルに描いている作品だと思うので、『自分はどうなのか?』とか感じていただけたら嬉しい」とアピールする
  • 吉沢が演じる主人公・友一はある日、突然「トモダチゲーム」に巻き込まれてしまう。吉沢は「友達の裏の顔がどんどん見えてきます」と話す
  • ドラマ版では「コックリさんゲーム」を行うことに
  • 吉沢は「コックリさんゲーム」での演技を、「目線の動き1つで感情を出さなきゃいけなかったりして、難しかったです」と振り返る
  • クラスメート5人での撮影を、「仲良かったですし、毎日朝早くから夜中までの撮影だったので、合宿みたいな感じでした」と明かした
  • 「トモダチゲーム」のような状況には「なりたくないです!(笑)」
  • ドラマ「トモダチゲーム」は4月から、全4話が放送される

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!