花と緑が横浜の街を彩る!国内最大級の都市緑化フェア開催

3月25(土)から6月4日(日)のおよそ2カ月間、国内最大規模を誇る都市緑化がテーマのフェア「~第33回全国都市緑化よこはまフェア~ ガーデンネックレス横浜2017」が横浜市で開催される。

山下公園では、バラと草花の競演が楽しめる。日没後はローズゲートなどがライトアップされ幻想的に。5月上旬~6月上旬が見ごろだ
  • 山下公園では、バラと草花の競演が楽しめる。日没後はローズゲートなどがライトアップされ幻想的に。5月上旬~6月上旬が見ごろだ

メイン会場は、山下公園や象の鼻パークを中心とした都心臨海部「みなとガーデン」と、よこはま動物園ズーラシア隣接地の郊外部「里山ガーデン」の2カ所。

「みなとガーデン」エリアでは“歴史と未来の横浜”をコンセプトに、バラと草花の競演が楽しめる山下公園のローズガーデン「未来のバラ園」や、全長約400mにわたる日本大通りの両側でチューリップやバラの花々が華やかに咲き誇るなど、さまざまな緑化技術や手法で街並みを演出する。

【写真を見る】日本大通りや横浜公園など横浜の街並みが華麗な色彩に様変わり!
  • 【写真を見る】日本大通りや横浜公園など横浜の街並みが華麗な色彩に様変わり!

一方「里山ガーデン」エリアは“緑豊かな横浜”がコンセプト。

ゲートをくぐり林の中を抜けると現れる市内最大級の約10,000平方メートルの花畑では、チューリップや横浜市産ビオラなどの花が一面を埋め尽くす。

パンジーやペチュニアが咲き乱れる里山ガーデンの「横浜の花で彩る大花壇」
  • パンジーやペチュニアが咲き乱れる里山ガーデンの「横浜の花で彩る大花壇」

また、他にも樹林に張ったワイヤーを滑り降りるジップライン(大人・小人ともに1000円/予約制)など、自然を生かしたアクティビティ体験も可能だ。

異国情緒漂う港町、緑あふれる自然が満載の郊外部、それぞれの顔を併せ持つ横浜で、春の自然を堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/PR】

■~第33回全国都市緑化よこはまフェア~ ガーデンネックレス横浜2017
期間:3月25(土)~6月4日(日)
会場:みなとガーデン(グランモール公園、運河パーク、新港中央広場、象の鼻パーク、日本大通り、横浜公園、山下公園、港の見える丘公園)、里山ガーデン(よこはま動物園ズーラシア隣接地)
電話:050-5548-8686(ハローダイヤル/8:00~22:00)

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報