女性

「女の悩み」にズバリ回答!「ギャンブル好きの夫。どうしたら…?」

レタスクラブニュース 2017年3月18日 6時30分 配信

消費者金融で借金までしていたギャンブル好きの夫
拡大写真

消費者金融で借金までしていたギャンブル好きの夫

  • 【写真を見る】本音のアドバイスが人気。作家の桜木紫乃さん

夫、子ども、ママ友、しゅうとめ……どこまでも尽きない女の悩み。一人で悩んでいないで相談してみませんか? 作家の桜木紫乃さんが皆さんの相談にお答えします。

【お悩み】

主人がギャンブル好きで悩んでいます。勝ったら行き、負けたら取り戻すために行く、の繰り返し。われながらどうしようもない夫だと思います。つい先日、消費者金融から督促が届きました。それで初めて、主人が借金までしていることを知りました。とりあえず貯金を崩し支払ったのですが……。今度またこのようなことがあったらと思うと、毎日不安でいっぱいです。私はどうしたらよいのでしょうか。(岡山県 コツコツ貯めたのに 39歳)

【桜木さんの回答】

勝ったら行き、負けたら取り戻すために行く。こういう男、一人知ってます。実父です。幼い頃から、ウチの母親は死ぬまで父の借金のために働くんだと思ってました。39歳、コツコツ貯めた金で夫のばくちの借金払い。女のかがみだけど、そこですっきり捨ててあげりゃあよかったと思うの。アナタはいちばんイケナイ解決方法を選んじゃった。こつこつ働くことを知っている男か、知らない男か、よぉくその目で見てみて。

手元にない金で打つばくちは病気なんです。誰かが払ってくれた段階で良心とかしゃくが一瞬挟まるんだけど、ちょっと時間を置くと体と心が「気持ち」に負けるんです。 出来心でやったばくちの負けじゃあなくて、はっきりと「ギャンブル好き」と書いてあるので、私もはっきり言います。

今後も肩代わりできないのなら、一度突き放してください。借金を払わせた女と一緒にいられる彼は、やさしいかもしれないけれど心の弱い男。それは、払ってしまう女の弱さそのものだと思うの。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

回答者:桜木紫乃さん
さくらぎしの/作家。北海道生まれ、在住。子ども2人を育てながら作品を発表。2013年、『ホテルローヤル』で直木賞を受賞。最新刊は『氷の轍』(小学館)。

イラスト(桜木さん似顔絵)=伊藤和人

あなたのお悩み、打ち明けてみませんか?
■相談はレタスクラブニュース「女の悩み」専用フォームでも受け付け中! 

  • 消費者金融で借金までしていたギャンブル好きの夫
  • 【写真を見る】本音のアドバイスが人気。作家の桜木紫乃さん

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 初日【全40点】
  • 白石麻衣 記者会見ショット in 2nd写真集「パスポート」イベント 全30点

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!