映画

昆夏美と山崎育三郎が『美女と野獣』の衣装で主題歌を生披露!

MovieWalker 2017年3月13日 20時07分 配信

すべての写真を見る(8件)
エマ・ワトソン主演でディズニーの不朽のアニメーション作品を実写映画化した『美女と野獣』(4月21日公開)の日本版デュエットソングお披露目イベントが、3月13日に新宿バルト9で開催。日本語吹替版で主人公ベル役を務めた昆夏美と野獣役の山崎育三郎が登壇し、楽曲完成を記念して「美女と野獣」を生披露した。

昆は「幼い頃からずっと聴いてきた楽曲を山崎さんといっしょに、ベルと野獣の衣装を着させていただき歌わせてもらえて大変楽しかったです」と興奮しながらコメント。山崎も「昆ちゃんとは『ロミオ&ジュリエット』や『レ・ミゼラブル』でも共演しているので、声優よりもこうやっての方が楽しかったです」とうなずいた。

アニメ映画『美女と野獣』は、アニメーション史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた珠玉の作品。アラン・メンケン作曲、ハワード・アシュマン作詞による珠玉のナンバーの数々はいまも世界中を魅了し続けている。2人はロンドンで開催されたプレミアでアラン・メンケン本人とも対面できたそうだ。

昆は「一度聴いたら耳から離れない楽曲ですね。プレミアでは神がそこにいらっしゃって。とても気さくに『コンニチハ』と言ってくださって心優しい方だなと思いました」と感激しきりだ。

山崎も「全世界で愛されている名曲を作ったアラン・メンケンさんの大ファンです。『2人のお芝居を楽しみにしてるよ』と言ってくださって本当にうれしかったです」と喜びを口にした。【取材・文/山崎伸子】

美女と野獣

4月21日(金) 公開

絶大な人気を誇るディズニーのアニメ作品をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー。呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、彼の前に...

おすすめ情報