おでかけ

旭山動物園のエゾヒグマ「とんこ」は好奇心旺盛! 視線の先には……

北海道ウォーカー 2017年3月15日 14時23分 配信

すべての写真を見る(7件)
今回のテーマは「エゾヒグマ」。旭山動物園のもうじゅう館では、メスの「とんこ」を飼育しています。

本州でクマといえば「ツキノワグマ」のイメージが強いかも知れませんが、北海道では「エゾヒグマ」。山間部はもちろん、札幌市内の市街地にも出没することのある動物です。そして、「エゾヒグマ」は日本に生息するなかでは最大の陸上哺乳類! 「デカくて怖い」なんてイメージもあるんじゃないでしょうか? 確かに、オスだと体重120~250kg、メスで150~160kgほどもあります。ただ、意外にも肉食はめったにしないそう。雑食性でおもに食べるのは植物、あとはアリなどの昆虫で、肉を食べるといえば、せいぜい川にのぼった鮭を食べる程度なんだそうです。

さて、旭山動物園の「とんこ」に話を戻しましょう。「とんこ」は、親が駆除されたため、1999年に北海道中頓別(なかとんべつ)町(稚内市から120kmほど南にある町)で保護された個体。2011年に一度出産していますが、現在は1頭で暮らしています。

この「とんこ」、好奇心旺盛な性格のようで、柵の外をじっと見ているような様子を見せたり、放飼場にある小窓に近付いてきてガラス窓を叩いてみたり……その先にいる来園客を、まるで観察しているような雰囲気。

小窓に寄ってきたときには大きな鼻や鋭くて太いツメを至近距離で観察できるので、かなり怖いです! そのうえ、窓をどん!と叩かれると、ガラス窓の仕切りはあるものの、迫力で腰が引けてしまいます……。

あと、クマといえば「冬眠する生き物」なんてイメージがあるかと思いますが、動物園のクマはしません。正確にいうと「冬眠」ではなく「冬ごもり」で、野生のヒグマは冬の寒さをしのぐため、秋に体脂肪を蓄えてから地中の穴で飲まず食わずの絶食状態を続けるんですが、動物園のヒグマは暖かい部屋とエサが毎日もらえるので、冬ごもりする必要がないんですね(ちなみに、冬ごもり中でも生理的には活動していて、穴の中でメスは出産、子育てをしています)。

また、旭山動物園には「ホッキョクグマ」もいますが、同じ「クマ」でも、結構違います。ホッキョクグマは泳ぎやすいよう流線型の体をしていて顔も鋭角ですが、エゾヒグマは陸上で暮らすので顔は丸く、体もごついんです。そして耳。エゾヒグマのほうが大きいんですね。というのも、寒い地域にいくほど体から突き出た部分が小さくなるそうです。

また、エゾヒグマは木の実を食べる場合もあるので、多少木のぼりができるんですが、ホッキョクグマはエサが海の中なので木のぼりは苦手、なんていう違いも。

道端で一番出会いたくない動物「エゾヒグマ」ですが、ガラス窓を通して迫力、ツメの鋭さ、顔のデカさをぜひ感じてみてください! よーく見ると、わりと優しい顔をしていたり……少しイメージが変わるかもしれませんよ?

※写真提供(一部):旭川市旭山動物園

【北海道Walker/出村聖子】

■旭川市旭山動物園
開園期間:冬期開園2016年11月11日(金)~2017年4月9日(日)、夏期開園2017年4月29日(祝)~11月3日(祝)、※2017年4月10日(月)~28日(金)、11月4日(土)~10日(金)、12月30日(土)~2018年1月1日(祝)は休園
時間:冬期開園10:30~15:30※入園は~15:00、夏期開園9:30~17:15(10月16日(月)からは~16:30)※入園は~16:00
住所:旭川市東旭川町倉沼
電話:0166・36・1104
料金:大人820円、中学生以下無料

  • 旭山動物園。エゾヒグマの「とんこ」(2017年2月撮影)
  • 旭山動物園。お客さんのほうを見る、エゾヒグマの「とんこ」
  • 旭山動物園。小窓から顔を出す、エゾヒグマの「とんこ」
  • 旭山動物園。窓に寄ってくるエゾヒグマの「とんこ」(2017年2月撮影)
  • 旭山動物園。エゾヒグマとホッキョクグマの比較
  • 旭山動物園。柵に登るエゾヒグマの「とんこ」
  • 旭山動物園。エゾヒグマの「とんこ」のアップ
このニュースで紹介されたスポット


おすすめ情報

写真で見るニュース

  • 元乃木坂46・深川麻衣が魅せる!“まいまい”スマイル全開SHOT14連発
  • 【写真特集】美しすぎる“女囚”ファッションショー激写! 美の共艶30枚
  • TDL「ディズニー・イースター」デコレーション 画像全15点
  • 東京ディズニーランド「うさたま大脱走!」2017 画像全20点
  • サッカー日本代表、世界への道!4ゴール快勝でついに首位浮上
  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!