グルメ

ヨックモック「シガール」 13年ぶりの新味は“抹茶”

東京ウォーカー(全国版) 2017年3月14日 19時39分 配信

ヨックモック「シガール」シリーズの新味が13年ぶりに登場!3月15日(水)より、期間限定で「シガール オゥ マッチャ」(8本入り1080円)が新発売される(6月末まで予定)。そこで、気になる記者は、ひと足先に実食してみた。

すべての写真を見る(3件)
葉巻状に巻いたクッキー「シガール」は手土産の定番!1969年の発売以来、年間生産本数1億本を突破するほどの人気ぶりだ。たっぷり使用したバターの豊かな風味と、サクッとした口当たり、繊細な口溶けが特徴となっている。

これまでは、プレーンな味わいの他、クッキーにミルクチョコレートを詰めた「シガール オゥ ショコラ」、ダージリンとアールグレイを使用した生地を焼き上げた「シガール オ テ」を展開していたヨックモック。今回13年ぶりの新味として開発したのは「シガール オゥ マッチャ」だ。

抹茶の香りをまとわせたというラング ド シャーの中に、抹茶チョコレートが詰められている同製品。全体的に緑色で、食べてみると、バターの豊かな風味と共に、かすかな抹茶の苦味が口の中に広がる。甘過ぎず上品な味わいで、先ほどの苦みが後味の甘みをすっと切っていくのもポイント。これまでの「シガール」と同様、サクッと繊細な食感で、いくつでも食べられそうな軽やかさだ。

ちなみに、今回は着物をモチーフとしたレトロモダンなパッケージデザインで登場。同社は、フォーマルギフトに接することが少ない20~40代をターゲットに「身近な人へギフトを贈る喜びや楽しみを感じる機会としていただくため、手に取りやすい価格、ちょっとしたギフトにぴったりなお洒落なパッケージにしました。和装シーンにも洋装シーンにも幅広くご利用いただけます」とアピールしている。【ウォーカープラス編集部/Raira】

販売店舗:ヨックモック青山本店、全国の百貨店、駅、空港、オンラインショップ ※一部取り扱いのない店舗あり

おすすめ情報