おでかけ

「うまいもの」好き必見!ダイバーシティ東京に新店舗が続々登場!

東京ウォーカー 2017年3月16日 11時25分 配信

ダイバーシティ東京では、注目の新店舗が続々オープンしている。1月はチーズ料理専門店「CHEESE CRAFT WORKS」、2月はバッグの専門店「ace.」、3月はインポートブランドやカルチャーグッズを取り揃えるセレクトショップ「RIFFLE PAGE」がオープンした。また、3月17日には、食のセレクトショップ「久世福商店」がオープン予定だ。

すべての写真を見る(7件)
「久世福商店」は“ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに目利きバイヤーが日本全国から“うまいもの”を集めた食のセレクトショップ。日本全国をバイヤー自らの足で訪問し、日本の誇り高い生産者と共同開発した商品約2000品目が取り揃えられている。

2017年になってオープンしてきたほかの店舗も見逃せない。「CHEESE CRAFT WORKS」(1月28日(土)オープン)は、関西で人気のチーズ料理専門店で、今回東京に初上陸。メニューはエスプーマで仕立てた新食感の「天使のふわふわチーズフォンデュ」や、客の前でパルミジャーノチーズの器で仕上げる「贅沢シーザーサラダ」、ラクレットチーズをたっぷりかけて仕上げる「5種チーズの石焼リゾット」、店内の厨房で作る「自家製フレッシュチーズの5種盛り」などチーズをふんだんに使った様々な商品を取り揃えている。デザートにも、生チーズタルトや、レアチーズケーキ、そしてソフトクリームなどがあり、最初から最後までチーズづくしの食事が楽しめる。

バッグの専門店である+STYLEは「ace.」(2月27日(月)オープン)としてリニューアルオープン。「ace.」は、「全ての移動を旅と捉え、その旅を快適にするための最適なカタチを提供する。」をコンセプトに普段使いからトラベル、ビジネスまで様々なシーンに対応したバッグを取り揃えるバッグ&ラゲージブランド。日本ブランドならではの美意識や心遣いを感じさせる使いやすく高品質なものづくりが特徴だ。

H.L.N.Aゾーンには新たにアパレルのセレクトショップである「RIFFLEPAGE」(3月1日(水)オープン)がオープン。「RIFFLEPAGE」は、スケーターに人気のブランド「THRASHER」や、カリフォルニアニューポートビーチを拠点とするサーフブランド「ALMOND SURFBOARD&DESINS」、スケートボードのグリップテープ専門店から始まり、近年ではスケートボードウェアから、アパレルやアクセサリーを販売する「GRIZZLY」など、アパレルを中心にインテリア雑貨や、ライフスタイルを彩るアイテムを国内外から集め、他ではあまり見ないようなインポートブランドやカルチャーグッズを取り揃えるセレクトショップだ。

新店舗が続々と登場しているダイバーシティ東京。ふわとろチーズの専門店からアパレルや食のセレクトショップまで、ますます楽しめる場所となっていること間違いなし。【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】

おすすめ情報