おでかけ

名古屋市美術館で開催中!「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」

東海ウォーカー 2017年3月15日 16時55分 配信

すべての写真を見る(1件)
愛知県の名古屋市美術館で特別展「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」が開催中だ。

「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」は、アウトサイダー・アートを代表するアドルフ・ヴェルフリ(1864年-1930年)の日本初となる大規模な個展。スイスの首都ベルン近郊の貧しい家庭に生まれたヴェルフリは、31歳の時に入院した精神科病院でそのまま66年の生涯を終えた芸術家だ。病院で描かれた彼の自己没入的な作品は、戦前のシュルレアリスムの画家たちをはじめ、多くの芸術家に影響を与えた。

同展では、超人的な表現力で描き出された彼の奇想天外な物語が約74点の作品によって紹介される。芸術の伝統的な訓練を受けていない、いわゆる“アウトサイダー”である彼の画業は人々を驚かせるだろう。【東海ウォーカー/利川果奈子】

■特別展「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」
期間:2017年3月7日(火)~4月16日(日)
会場:名古屋市美術館
住所:愛知県名古屋市中区栄2-17-25
時間:9:30~17:00、金曜は9:30~20:00(最終入場は閉館の30分前)
休館日:月曜 ※3月20日(月)は開館、21日(火)は閉館
料金:一般 1300円、高大生 800円、中学生以下無料

このニュースで紹介されたスポット

おすすめ情報