スカヨハ、ハリウッド版「攻殻機動隊」の日本お披露目に興奮!たけしは実写化の難しさに言及

スカヨハが来日!
  • スカヨハが来日!

士郎正宗原作のコミック「攻殻機動隊」をスカーレット・ヨハンソン主演で実写映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)の来日記者会見が3月16日にザ・リッツカールトン東京で開催され、スカーレットをはじめ、ビートたけし、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が出席。少佐役のスカーレットが「とても興奮している」と日本でのお披露目に興奮の面持ちを見せた。

近未来を舞台に、脳以外は全身義体の世界最強にして唯一無二の存在である少佐(スカーレット)率いるエリート捜査組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する姿を描くSFアクション大作。

原作誕生の国・日本で、本作の世界最速の記者会見が行われたこの日。スカーレットは「お披露目する初めての都市として東京はふさわしい。とてもとても興奮しています」とにっこり。

義体化され、心と体が統一されていないという複雑なキャラクターを演じたが、「感情的にも肉体的にも大変なものではあったけれど、人として学ぶことが多かった」と告白。「この役が成長していくように、自分も成長を感じることができた」と役と一体化して、成長できた作品だと明かした。

たけしは、そんなスカーレットを見て「役者という仕事をやる時には、どう振る舞うべきかというのを教えていただいた」と大いに刺激を受けた様子。「さすがにこの人はプロだと、日本に帰って来てからつくづく思っています」と最敬礼だった。

またたけしは、「実写版というのは、もともとのコミックやアニメに必ず負けて、文句を言われるというのが定説。ファンは『絶対に違う』と言うことがある」と実写化のハードルの高さについて言及。自身よりも下の世代が読んでいる原作となるが、「今回は、自分の周りのその世代の子どもたちが、ちょっと観た限りでも『すごい』と言っている。忠実でなおかつ新しい。もしかするとアニメ、コミックの実写版で最初に成功する例ではないかというような意見もあった」と完成作への周囲の声を紹介。「唯一の失敗は(自分が演じた)荒巻という噂もある」と笑いを交えながら、大絶賛していた。

サンダース監督は「たくさんのプレッシャーがあった」とこれまでの道のりを振り返り、「若い頃に繋がりを感じた作品。あらゆるチャレンジを受けて立つという気持ちで臨んだ」と強い思いを話していた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報