おでかけ

【画像多数】インスタ映え必至!?レゴランド(R)・ジャパンの撮影マストスポット15選

東海ウォーカー 2017年3月17日 12時00分 配信

2017年4月1日(土)に、いよいよグランドオープンを迎えるレゴランド(R)・ジャパン。レゴ(R)ブロックがテーマのアトラクションやグルメなどが楽しめる同パークだが、園内にはレゴ(R)ブロックでできた多彩なレゴ(R)モデルや、愛らしいミニフィグが多数存在する。そのなかから、思わず写真を撮りたくなるキュートなレゴ(R)モデルたちをエリア別に紹介するぞ!

ファクトリー

すべての写真を見る(15件)
入場ゲートから園内に入ってすぐの場所にいる怪獣。パーク内で一番の大きさを誇るレゴ(R)モデルだ。7つのエリアの象徴が盛り込まれているとか…。

アニメ化もしているレゴ(R)ブロックの人気シリーズ、レゴ(R)ニンジャゴーの主人公のカイは、「ビッグ・ショップ」内で会えるぞ!

「アイス・ファクトリー」前にいる、女性ファンの多いシリーズ、フレンズのレゴ(R)モデルの隣の席に座って撮影してみよう。

レゴ(R)ブロックの製造工程が見学できる「レゴ(R)・ファクトリー・ツアー」の建物の横には、作業員のミニフィグたちがいる。

ブリックトピア

パークのシンボル的アトラクション、オブザベーション・タワー前には、巨大な博士が!足元にいるフランケンシュタインのミニフィグにも注目しよう。

「ブリック・パーティ」の横には、大きくてカラフルな像がいる。周辺には、触って遊べるレゴ(R)ブロックが入った木箱もあるぞ。

アドベンチャー

水上を爽快に走るアトラクション、スクイッド・サーファー横にいる巨大なイカ。レゴ(R)ダイバーが襲われている!?

アドベンチャーの目玉アトラクション、ロスト・キングダム・アドベンチャーの入口の横には、巨大なファラオ像が鎮座する。

レゴ(R)・シティ

「ハートレイクショップ」の前では、フレンズのキャラクターたちに囲まれて写真撮影ができる。

多彩なハンバーガーが食べられる「ブリック・ハウス・バーガー」の1階には、巨大なトライクにまたがるレゴ(R)モデル。

「パレス・シネマ」の前には、パパラッチに囲まれるマリリン・モンローが!カメラのフラッシュは実際に光るぞ。

ナイト・キングダム

ナイト・キングダムの入口ゲート前にいる老兵士。このエリアには、他にも多彩な兵士が存在するぞ。

パイレーツ・ショア

決闘をしている2人の海賊は、パイレーツ・ショアの入口ゲートで見ることができる。

「ロスト・ブーティー・トレーディング・ポスト」前にいる巨大なワニ。目の前にいるおばあちゃんが食べられちゃう…!?

牢屋に閉じ込められている海賊。牢屋に入って、海賊と一緒に囚人気分が味わえるぞ!

ここで紹介したのはほんの一部。レゴランド(R)・ジャパンには、まだまだたくさんのレゴ(R)モデルやミニフィグがいるので、エリア内を歩きながら探してみよう!【東海ウォーカー/伊藤甲介】

■レゴランド(R)・ジャパン
オープン日:2017年4月1日(土)
住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2-12
休み:不定休※詳細はHP参照
料金:1DAYパスポート 大人6900円、子供5300円
   年間パスポート 大人1万7300円、子供1万3300円
駐車場:5000台(金城ふ頭駐車場、500円/60分、平日最大1500円、休日1500円)
交通アクセス:伊勢湾岸自動車道 名港中央ICすぐ
問い合わせ:050-5840-0505

「レゴランド(R)・ジャパン」公式HPはコチラ

●特典付き&パーク初のガイド本「レゴランド(R)・ジャパン完全ガイドブック」好評発売中!
東海地区の書店、コンビニ、全国の大型書店で販売ほか、コチラで販売中!
●レゴランド(R)・ジャパンの関連ニュースはレゴランド・ジャパンの最新情報まとめでチェックしよう

関連記事

おすすめ情報