おでかけ

海鮮丼に人気スイーツも! ゆったり3時間で巡る、小樽堺町通りコース

北海道ウォーカー 2017年3月20日 7時00分 配信

小樽運河の浅草橋付近から徒歩で5分ほどの距離にある堺町通りは、小樽観光ではハズせない定番スポット。お土産にぴったりな硝子細工のショップや海鮮丼が味わえる店、イートイン可能な人気スイーツ店などもあり、小樽の魅力がぎゅぎゅっと詰まっているんですよ。そんな堺町通りをゆったり3時間、見て食べて遊ぶ散策コースをご紹介します。【トータル3時間/歩行時間15分】

すべての写真を見る(10件)


スポット1(所要時間15分)>和風硝子細工の老舗「大正硝子館 本店」

1906(明治39)年に建築された商店を改装した趣あふれる店舗が目印。小樽の歴史と共に育まれた技術で製作される和風硝子細工のなかでも、本店では市内で製作された品が販売されています。ちなみに、人気のグラスは「夜宵(よい)グラス」(3780円)。同じ種類のグラスでも着色はひとつひとつ異なるので、お気に入りの品を探してみては? また、硝子細工を自分で手作りできる体験コーナー(要問合せ)も用意されていますよ。

■住所:小樽市色内1-1 ■電話:0134・32・5101 ■時間:9:00~19:00 ■休み:なし

【↓次のスポットへは徒歩3分】

スポット2(所要時間25分)>新鮮かまぼこがずらり「かま栄工場直売店」

「小樽といえば」の老舗かまぼこ店。創業は1905(明治38)年で、110年を越える歴史を持ちます。通称・臨港線に面した工場直営店では、板かまぼこ、揚げかまぼこが常時50種類ほど販売され、堺町散策の観光客はもちろん、地元リピーターの姿も。また、店内にはイートインスペースも用意。販売のほか工場見学も実施しています。オススメはウインナーとチーズの入った工場直売店の限定品、「ウインナーロール」(226円、写真左側)。ぷりぷりの食感が楽しめますよ

■住所:小樽市堺町3-7 ■電話:0134・25・5802 ■時間:9:00~19:00 ■休み:不定  ■席数:イートイン20席 (禁煙)

【↓次のスポットへは徒歩5分】

スポット3(所要時間45分)>お手頃価格で味わえる「小樽海鮮丼エン」

コンセプトはズバリ「いいものを少しでも低価格で」。まずはネタをそのまま、次は薬味と共に、最後は出汁をかけて、と計3回楽しめる人気メニュー「海鮮ひつまぶし」(2138円)のほか、主力メニューはどれも驚くほどリーズナブル。ネタはどれも漁港から直送される鮮度抜群のものばかりなので味もばっちり。観光客だけでなく、地元や札幌からも多数の人々が訪れる人気店なんですよ。

■住所:小樽市堺町5-25 ■電話:0134・21・1000 ■時間:10:30~18:30(LO18:00) ■休み:なし ■席数:45席(禁煙)

【↓次のスポットへは徒歩2分】

スポット4(所要時間20分)>硝子細工の製作工程が見られる「北一硝子 見学硝子工房」

小樽でも指折りの人気スポット「北一硝子」の製作工房。吹き竿で息を吹き込んでグラスなどを作る「ホットワーク」、バーナーを使って繊細なアクセサリーを作る「ランプワーク」、2種類の製作工程を自由に見学できるんです。また、見学後は近隣の北一硝子各店舗で、製作していたものと同じ商品も購入可能。たとえば……

ランプワークで製作される、「ハートのペンダント」(1800円)といったものもありますよ。

■住所:小樽市堺町6-7 ■電話:0134・33・1993 ■時間:9:30~17:30(ホットワークは~16:30) ■休み:ホットワークは火曜、ランプワークは木曜

【↓次のスポットへは徒歩2分】

スポット5(所要時間30分)>イートインも可!「小樽洋菓子舗ルタオ本店」

層になったベイクドチーズとレアチーズが絶妙の人気チーズケーキ、「ドゥーブルフロマージュ」(1728円)で知られるルタオの本店。多くの観光客で賑わうメルヘン交差点の一角にあり、堺町通りのシンボルともいえる八角形のルタオタワーが目印です。こちらは1階が販売スペース、2階がカフェになっています。

本店限定メニューなのが「奇跡の口どけセット」(1404円)。ドゥーブルフロマージュとヴェネチアランデブー、2種のケーキが味わえます。ティーブレイクにもお土産探しにもいいですね。

■住所:小樽市堺町7-16 ■電話:0120・46・8825 ■時間:9:00~18:00(2階カフェは~17:30)※季節により変動あり ■休み:なし ■席数:82席(禁煙)

【↓次のスポットへは徒歩2分】

スポット6(所要時間25分)>可憐な音を奏でるオルゴールがそろう「小樽オルゴール堂本館」

メルヘン交差点のすぐ横にあるオルゴール専門の店。1912(明治45)年築の建物内は吹き抜けになった広大な空間で、フロア全体に形も大きさもさまざまなオルゴールがぎっしりと陳列されています。定番の人気オルゴールは、建物前のメルヘン交差点にある蒸気時計を模した「蒸気時計」(4104円)。また、周辺には系列店やミュージアムもあるので、本館と合わせて立ち寄ってみるのもいいかも。

■住所:小樽市住吉町4-1 ■電話:0134・22・1108 ■時間:9:00~18:00(7~9月の祝前日・金曜土曜は~19:00) ■休み:なし



ランチもテイクアウトも見学も、いろいろ盛り込んでの3時間コース。もし時間があまりないのであれば、こういったスポットから3~4か所チョイスして巡るのもオススメですよ。

【北海道Walker編集部/出村聖子】

  • 小樽堺町通りのようす。ゆったり散策するなら、まず向かうのは……
  • 大正硝子館 本店/夜宵(よい)グラス
  • かま栄工場直売店/ウインナーロール(左)と、ベーコン・チーズ・タマネギ入りのパンドーム
  • 小樽海鮮丼エン/海鮮ひつまぶし
  • 北一硝子 見学硝子工房/製作のようす
  • 北一硝子/ハートのペンダント
  • 小樽洋菓子舗ルタオ本店/ドゥーブルフロマージュ
  • 小樽洋菓子舗ルタオ本店/奇跡の口どけセット
  • 小樽オルゴール堂本館/館内のようす
  • 小樽オルゴール堂本館/蒸気時計

おすすめ情報

写真で見るニュース

  • サッカー日本代表、世界への道!4ゴール快勝でついに首位浮上
  • 渋谷ファッション in 第7回 渋谷ファッションウイーク 画像全30点
  • サッカー日本代表、世界への道!因縁の相手に敵地でリベンジ
  • 富士ワンダーランドフェス! 全40点
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【2/2】
  • 【写真25点】美人コンパニオン in 「NAGOYAオートトレンド2017」【1/2】
  • シナモン&ドロップ、スター猫たちの“イチャイチャ”ショット14連発!
  • かわいいペット写真が大集合!CP+ 2017「♯まみれ展」画像全40点
  • 美人コスプレイヤー画像 in 闘会議2017 2日目【全40点】

お出かけ お役立ち情報

日帰りでもゆっくり過ごせて、料金は1泊の半額。温泉+昼夕食+お部屋休憩で、のんびり休日を満喫!