神木隆之介、倉科カナから「こたつで寝ている姿が愛らしい」と言われて大照れ!

それぞれが「愛おしい人」を告白!
  • それぞれが「愛おしい人」を告白!

羽海野チカの大ベストセラーコミックを実写映画化した『3月のライオン 前編』の初日舞台挨拶が3月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督が登壇。倉科から「かわいらしい」と言われた神木が、「どうも」と大照れの様子を見せた。

本作は、17歳のプロ棋士・零が近隣の町に住む3姉妹や数々の対局を通して成長していく姿を描く物語。この日は“愛”を描く映画にちなみ、撮影中に「この人、愛おしいなと思ったエピソード」を披露することとなった。

倉科は「神木くんがこたつでポカポカ寝ている姿は愛らしいなぁと思った。どこでも寝ているんです」と撮影現場での神木の様子を報告しつつ、「ポカポカオーラをすごい出してらっしゃって、かわいらしかったです」とにっこり。神木は「ああ、どうも…」と照れ笑いを見せていた。

その神木は「染谷将太が愛らしいと思います!愛おしいです!」と元気に告白。劇中で染谷は零のライバルにして親友の二海堂を演じていたが、神木は「いつもは僕が『染めちゃん、染めちゃん』と行く方なんですが、映画のなかではそれが逆だった。がっつり肩とか組んで、すごいうれしかった。二海堂の人間性はすごく素敵。それを演じた染谷将太が愛おしいです」と愛情たっぷりに語っていた。

染谷は「照れますよ」と苦笑い。自身が愛おしいと感じた人についても、「もちろん神木くんです」とキッパリと答えて「相思相愛じゃないか」とニンマリ。「現場に着くといつも笑顔で迎えてくれて、リラックスする。心が落ち着く」と続けると、神木も「よかったよ、相思相愛で!」と安堵の表情を見せて会場の笑いを誘っていた。

神木と宗谷役の加瀬亮のやり取りについて明かしたのが、佐々木。「加瀬さんがハンドクリームを塗っていて。神木くんと『いい匂い』とか『それどこのですか?写メ撮っていいですか』とハンドクリームを匂ったりしながらしている姿が、愛らしかった」と裏話を明かし、神木と会場を笑わせていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報