サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

ライバルはディズニー!宮崎駿も心酔した伝説のアニメが復刻上映

70年の時を経て、傑作アニメが復刻上映される
  • 70年の時を経て、傑作アニメが復刻上映される

ウォルト・ディズニーのライバルと呼ばれ、宮崎駿が多大な影響を受けたというアニメスタジオ「フライシャー・スタジオ」。そのフライシャーが製作し、1941年に公開された伝説の長編アニメーション『バッタ君町に行く』が、三鷹の森ジブリ美術館の配給により、12月19日(土)から復刻上映される。

「ポパイ」や「ベティー・ブープ」「スーパーマン」などのアニメーションで知られるフライシャー・スタジオはマックス・フライシャーとデイブ・フライシャーの兄弟が1921年に設立したアニメスタジオ。同年代に人気を博したディズニーを超えることを目指し、ディズニーに先んじてさまざまな手法を開発したが、この『バッタ君町に行く』の興行成績が第二次世界大戦開戦の時期と重なったためか、あまり振るわず、やむなくスタジオは閉鎖された。

本作は都会に暮らす虫たちが、人間の侵入によって危険にさらされるようになり、引っ越しを余儀なくされるというストーリー。イキイキとしたキャラクターの動きや緻密なカラーのアニメーションは、とても70年近く前の作品とは思えないほど。アニメーションの技術は現在でも評価が高く、宮崎駿も若い頃に本作を見て驚き、そのエネルギーに圧倒されたという。

ディズニーのライバルであるフライシャーがあったからこそ、今日のディズニーやアニメ界があるのだとも言われており、本作を観ればいろいろと学べることが多そうだ。【トライワークス】

キーワード

[PR] おすすめ情報