ガッツ石松『キングコング』で4DX体験!「危険が危ない」と動揺

ガッツ石松、4DX体験にびっくり!
  • ガッツ石松、4DX体験にびっくり!

巨大モンスターの戦いを描く映画『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日公開)の「絶叫!4DX試写会イベント」が3月23日にユナイテッドシネマ豊洲で開催され、ガッツ石松、バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹、真壁刀義が登壇。4DX上映を体験したガッツが「危険が危ない」とコメント。天然発言連発で会場を沸かせた。

本作は、謎の島・髑髏島(ドクロトウ)に潜入した調査遠征隊が目にするキングコングの姿や島の秘密を描くアクション・アドベンチャー大作。この日は、映画のシーンにマッチした形で座席が動いたり、水や風が吹き付けるなど、体全体で感じる体験型の上映システムである4DXを体験した。

座席が大きく揺れ動くと、真壁はガッツにしがみつくなど驚きまくり。風が吹き付けると絶叫した一同だったが、そんな中でもガッツは手に持ったバナナを食べるなどマイペースの様子。さらに大きく座席が動くや「危険が危ない!」と動揺し、会場を笑わせた。

体験の感想を聞かれたガッツは「びっくりした。『キングコング』をこれで観ると、『ここはどこ、私は誰』になっちゃうよ」と独特の表現で語り、小峠から「ならないと思います」とツッコまれていた。その小峠は「素晴らしい初体験」と初めての4DX体験に大喜びで、「臨場感がすごかった!スクリーンを通って会場が一体になった感じがして、びっくりしました」と興奮気味に語っていた。

映画もすでに観たという4人。ガッツは「迫力がありすぎて、なんだったんだろうなと思って。キングコングとゴジラは違うんだね。それを考えたら眠れなくなった。もう一度観たいね」と迫力のあまり、映画の内容が理解できなかったそう。小峠は「最初から最後まで、テンションが高くて面白かった」と大絶賛。「キングコングが人間ぽくて、リアルで面白かった」と続けると、ガッツは「人間ぽくは見えなかったな」とポツリ。終始、天然節が止まらないガッツに、小峠は「もう黙っててください!チャンピオンじゃなかったら、ぶん殴ってますよ!」とツッコミを炸裂させていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報