サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

スタースタッズも!“H&M×Jimmy Choo”コラボアイテムが初お披露目

1Fにある「Jimmy Choo for H&M」のレディスウェア販売スペース。中央の青いヤギ革のワンピースが2万9990円
  • 1Fにある「Jimmy Choo for H&M」のレディスウェア販売スペース。中央の青いヤギ革のワンピースが2万9990円

スウェーデン発のファストファッションブランド「H&M」が12日、11/14(土)にオープンする新宿店のマスコミ向けプレビューを開催。レディス、メンズ、キッズなどフルラインナップの同店だが、特に注目なのはイギリスの高級アクセサリーブランド「Jimmy Choo」とのコラボアイテムだ。

新宿三丁目にオープンする「H&M SHINJUKU」は、売り場総面積2600平方メートルの大型店。4フロア構成でレディス、メンズ、アクセサリーのほか、都内では初となるキッズ・ベビー商品を展開する。その中でもオープン前から話題を集めているのが世界のセレブ御用達の「Jimmy Choo」とのコラボアイテム。

例えば「Jimmy Choo」では10万円前後のアイテムも珍しくないシューズだが、「Jimmy Choo for H&M」では同ブランドが今年提案するスタースタッズのフラットシューズが9990円! 大きなスターが付いたクラッチバッグが1万4990円、本革仕様のスタッズバッグが1万7990円、ブレスレットが3490円など、通常では考えられない手ごろな価格になっている。

また、Jimmy Chooにとって初となるレディスウェア、メンズアクセサリー、メンズウェアも展開される。レディスウェアはフォーマルなラインで、ブラックとブルーをベースにしたワンピースなどをラインナップ。本革やヤギ革仕様で2万9990円なので、バッグやシューズと併せてパーティーにもOKなスタイリングが可能だ。またメンズウェアもカシミアニットが1万4990円と、手ごろなアイテムが多い。

今回のコラボアイテムは世界約200店舗のほか、日本では都内の銀座店、原宿店、渋谷店、新宿店の4店舗のみでの展開なのだが、購入にはお約束も。発売初日の11/14(土)は4店舗とも12:00オープン。さらにレディスのシューズ、バッグ、アクセサリーを購入したい人には先着順で160個のリストバンドを配布。20人ずつのグループに分かれ、各グループ10分の制限時間のもとショップ in ショップコーナーで買い物ができ、1人につき同じアイテムは1点のみの購入となる。ゆっくり見たいのに!と思う人が多いかと思うが、これもより多くの人に商品を手にしてもらいたいという店側の配慮なのだ。ちなみにレディスのウェアやメンズの全商品は自由に買い物が可能だとのこと。

原宿店での「Jimmy Choo for H&M」はメンズが地下1階、レディスウェアが1階、シューズを含むレディスアクセサリーが2階での販売となる。ユニクロとジル・サンダーがコラボした「+J」では銀座店に800人の行列ができたが、今回のH&Mでも行列ができること必至。当日の天気予報はあいにくの雨模様だが、並んでみる価値はあるかも!【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報