ジャニーズWESTが“炎の転校生”に! メンバーも「本当にうれしい」と大興奮(1/3)

「炎の転校生」が新たに現代でよみがえる!
  • 「炎の転校生」が新たに現代でよみがえる!

島本和彦原作の伝説の漫画を新たに現代によみがえらせた「炎の転校生 REBORN」が、ジャニーズWESTメンバー全員を主演に迎え、Netflixオリジナルドラマとして製作されることが決定。今冬、全世界配信される。

原作となる漫画「炎の転校生」は、「週刊少年サンデー」にて1983年から1985年まで全118話にわたって連載された、島本を代表する作品の1つ。その原作の持つ熱き思いを新たに現代によみがえらせた「炎の転校生 REBORN」として、この冬生まれ変わる。

かつて“炎の転校生”と呼ばれた滝沢昇という男がいた。伝説の男・滝沢が時を経て校長となり、ある目的のため設立させた謎のエリート校が「種火学園」。

そこに現れた7人の転校生は、偶然にも7人全員下の名前が「駆(カケル)」だった。彼らには全国の問題がある学校に転校生として忍び込み、学校を内部から改善する極秘ミッションが与えられる。そして“No.1炎の転校生”を目指し、7人の駆たちの熱血学園バトルが始まる。

主演のジャニーズWESTは、関西出身というノリの良さで抜群な掛け合いを見せ、テレビ、舞台、映画など、それぞれの分野で幅広い人気を集めている7人組。デビュー3周年を迎える今年、グループとしてNetflixオリジナルドラマに挑戦する。

そんな彼らを演出し監督を務めるのは、数々の人気バラエティー番組を手掛け、近年は「デトロイト・メタル・シティ」「神様はバリにいる」など、映画監督としても自由な発想で、これまでにない作品を生み出してきた李闘士男。

原作は、1982年のデビューから燃えるような作品を常に描き続け、2015年に自らの自伝的漫画「アオイホノオ」で、第60回小学館漫画賞を受賞した島本。

Netflixコンテンツ・ディレクターのジュリアン・ライハン氏は「このたびジャニーズWESTの皆さん、そして李闘士男監督とコラボレーションできることに、大変興奮しています。メンバー7人が集まった時に発する特別な相性と強力なエネルギー、そして監督の明確なビジョンがスペシャルな作品を生み出すでしょう。

またこの企画により、9300万人を超える世界中のNetflixユーザーに対してこの素晴らしいオリジナル作品をお届けできることに大変喜びを感じています」と映像化に期待を寄せる。

ジャニーズWEST、李監督により、原作登場から30年の熱血を引き継いで現代に生まれ変わる7人の転校生。

ストーリーをも破壊し、何が飛び出すか分からない、既成概念を覆すオールジャンル・バトル・コメディー「炎の転校生 REBORN」は、2017年冬にNetflixオリジナルドラマとして全8話が世界190カ国で一挙配信される。

ようやく長い冬が終わったいま、発表された本作。この報を受け、早くも“熱い冬”が待ち遠しくなってしまう人が続出しそうだ。

ジャニーズWESTメンバーから喜びのコメントが到着!(2/3)
Netflixオリジナルドラマ「炎の転校生 REBORN」(英題:Blazing Transfer Students)
2017年冬、Netflix にて全世界配信(全8話)

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報