相武紗季映画初主演作は斬新な“胸キュン”ホラー

相武紗季が映画初主演!独自の研究でお化けを作り出そうとする変わった女の子に扮する
  • 相武紗季が映画初主演!独自の研究でお化けを作り出そうとする変わった女の子に扮する

相武紗季、待望の映画初主演、溝端淳平共演の映画『NECK』(2010年夏公開)が面白い! 原作者は「煙か土か食い物」など、特異な文体と構成力で知られる作家・舞城王太郎。今回彼は映像化を視野に入れ、舞台用、映画用として、同一モチーフの全く別のストーリーの2本を書き下ろした。さて、その気になる内容は!?

作品のジャンルは、一風変わった“胸キュン”ホラーエンタテインメントとのこと。映画版の主人公で、独自の研究でお化けを作り出そうとする変わった女の子・真山杉奈役に、TV・CM・映画とマルチに活躍する相武紗季。杉奈に恋する大学生・首藤友和役に、同世代から圧倒的な支持を受ける溝端淳平。また、杉奈の幼なじみで、人気作家・越前魔太郎役に平岡祐太、魔太郎担当の美人編集者・赤坂英子役に栗山千明と、豪華なキャストが脇を固める。

監督は、TVドラマ「永遠の仔」「天国の階段」のような骨太な人間ドラマから「ランチの女王」「不機嫌なジーン」などのラブコメまで極めて広い演出領域を持つ白川士(たけし)で、劇場用映画の監督は本作が初となる。映画は11月3日にクランクインし、11月末にクランクアップ、公開は2010年の夏となる予定だ。

また、映画版と同じモチーフ、異なるストーリーで展開される舞台版は、青山円形劇場で2010年2月12日(金)からスタート! 溝端淳平は舞台版でも物語の中心となる4人のうちの1人、酒井役で主演。その他、板尾創路、森崎博之(TEAM NACS)、鈴木浩介と、舞台版にも個性あふれるキャストがそろった。劇作は新進気鋭の竹内佑で、演出はその手腕に定評がある河原雅彦が手掛ける。

映画、舞台と、ふたつの斬新なワールドを繰り広げる『NECK』。それぞれのキャストが織りなす新感覚の胸キュンホラーを早く観てみたい。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報