映画

リピーター多数の『SING/シング』がV2達成!新作5作品ランクインで顔ぶれ一新

MovieWalker 2017年3月28日 14時40分 配信

学生たちは春休み真っ最中の3月25・26日の興収ランキングは、前週同様アニメーション作品が上位を占める形に。トップは2週連続1位となった『SING/シング』だった。

すべての写真を見る(5件)
公開7日目で動員100万人を突破し、『ミニオンズ』(15)などで知られるイルミネーション・スタジオ作品として歴代最高のスタートとなったが、土日2日間では動員35万1000人、興収4億5100万円を記録。TwitterなどのSNSでは“3回目にして1番泣いた”など何回も劇場に足を運んだというリピーターの声が寄せられていて、1回目は吹替版、2回目は字幕版など、見比べしている人も多い。今後も口コミの効果もあり、さらに動員を増やしていきそうだ。

2位には『モアナと伝説の海』、3位には『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』と、上位は変わらず好調で、後者は累計興収が26億円を突破。2006年公開のシリーズ第26作『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』以降の新シリーズ計12作品の累計興行収入も、この度400億円を突破した。

そんなアニメーション作品に負けじと4位で初登場したのが『キングコング:髑髏島の巨神』。巨大生物を前面に出したり、日本語吹替版で主人公コンラッドの吹替えを務めたGACKTが出演したインパクト大なテレビCMの効果もあり、土日2日間で動員25万7000人、興収3億9600万円と好スタートとなった。

また、5位には永野芽郁主演で人気コミックを映画化した『ひるなかの流星』、6位には『仮面ライダー×スーパー大戦 超スーパーヒーロー大戦』、7位も人気コミックが原作の『PとJK』がランクイン。9位で初登場の『パッセンジャー』も含め、上位こそ同じ顔ぶれだったが、前週と5作品が入れ替わる変化の大きい結果となった。【トライワークス】

SING/シング

3月17日(金) 公開

動物だけが暮らす、人間世界と似た世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場が企てた世界最高の歌のオーディションに参加しようとする、ワケありな動物たちが繰り広げる...

モアナと伝説の海

3月10日(金) 公開

南の島で育ち、“海に選ばれた少女”モアナの冒険を描く、ディズニー・アニメーションによる神秘的なストーリー。『リトル・マーメイド』や『アラジン』といった...

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

3月4日(土) 公開

子供からお年寄りまで幅広い層から支持される国民的人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第37作。不思議な腕輪に導かれるように10万年前の世界を訪れたのび太た...

キングコング:髑髏島の巨神

3月25日(土) 公開

モンスター映画の人気キャラクター、キングコングと巨大生物が登場し、彼らに襲われた人間たちのサバイバル劇を描くアドベンチャー。31.6mという歴代シリー...

ひるなかの流星

3月24日(金) 公開

女子高生の初恋の行方を描き、同世代から絶大な人気を誇る、やまもり三香の人気コミックを永野芽郁ら注目の若手キャストの共演で映画化したラブストーリー。まだ...

おすすめ情報