サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

「BIG6億円」のスゴさを超分かりやすく紹介

こちら「BIGの女神」
  • こちら「BIGの女神」

「最高6億円!」「キャリーオーバー20億円!」、この不景気のさなか、なんとも夢膨らむフレーズが飛び交う「BIG」。久々に二桁億のキャリーオーバーが続き注目度が上がっているところですが、ここで素朴な疑問。

――6億円ってどのくらいスゴイの?

専門サイト「BIG6億攻略ガイド」が発表した非常に分かりやすい例と共にそのスゴさをご紹介しましょう。

■その1:みのもんたの推定所得よりスゴイ!

たくさんお金を稼いでいらっしゃる方といえば、パッと思いつくのはやはり「芸能人」ですよね。なかでも05年まで公表されていた「高額納税者番付」(いわゆる“長者番付”)の「タレント・俳優」部門で1位を獲得していたみのもんたさんはその最右翼。

05年当時のスポーツ紙によると、みのさんの納税額は2億とんで101万円とのこと。そこから推定される所得は約5.5億だそうです。そう、6億を当てた方は「オレ、ぶっちゃけみのもんたよりもらってるし」って言っちゃっていいということなのです。まあ、その年だけですけど。

■その2:アニキの推定年棒よりスゴイ!

芸能人と並ぶ高給取りといえば、スポーツ選手。とりわけプロ野球選手にはそのイメージも強いのでは? そんなプロ野球界、09年シーズンの日本人最高年棒は“アニキ”こと阪神タイガース・金本知憲選手の5.5億円(推定)。

説明不要ですね。当たった方は胸を張って「オレはアニキを超えている」と言う権利を有するということです。なんなら「オレはアニキより打った」くらい言ってもいいでしょう。いや、やっぱりダメでしょう。

■その3:ハニカミ王子よりスゴイ

「今頃ハニカミ王子って…」なんて言わずにひとつ。プロゴルファーの石川遼選手は11月13日現在賞金王ランキング第2位。この驚異の18歳は、既に1.5億近い賞金を獲得しています。

でもBIGの6億にはかないません。当せん者は「オレの方がハニカんでいる」くらいのことは言ってもバチは当たらないと思われます。6億なら「4倍ハニカんでる」計算なのですから。いや、やっぱりヘンですね。

ただし、石川選手はCM契約料もハンパではないため(推定5〜7億)、それを足されると、「参った」です。石川遼、恐るべし。

ほか、吉野家の牛丼(並盛)約158万杯(=オレは1400年間1日3食いける)とか、内閣総理大臣の推定年収の約12倍(=オレは72回横綱に賞杯授与できる)とか、いろんなデータが発表されています。

6億、スゴイですね。欲しいですね。今年のBIG抽せんはあと3回、上記のセリフを言ってみたい方は(もちろん大多数の、そうでない方も)チャレンジしてみてはいかが?【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報