ハモ料理に寺社仏閣も!神秘的な奇岩に出会える淡路島の絶景スポット沼島

沼島は、淡路島の南約4.6kmの紀伊水道北西部に浮かぶ周囲約10kmの孤島。東南海岸には、上立神岩や屏風岩などの奇岩が点在している観光スポットだ。観光周遊漁船「沼島おのころクルーズ」では、地元の漁師が自らの船で島の周りをぐるりと一周してくれる。開放感いっぱいの船上からは、海からでしか見ることができない数々の奇岩の表情が味わえ、漁師たちとの交流も楽しめる。沼島おのころクルーズを中心に、沼島のおすすめスポットを合わせて紹介しよう!

海にそそり立つ国生み神話ゆかりの名所を巡るクルーズ

地元の漁師の漁船で沼島をぐるっと一周できる「おのころクルーズ」で、上立神岩の姿を間近で見られる。海から見上げる姿は圧巻だ。

【上立神岩】海に浮かぶ高さ約30mの岩は、沼島のシンボル的存在/沼島おのころクルーズ
  • 【上立神岩】海に浮かぶ高さ約30mの岩は、沼島のシンボル的存在/沼島おのころクルーズ

【上立神岩】海に浮かぶ高さ約30mの岩は、沼島のシンボル的存在。古代、イザナギノミコトとイザナミノミコトが婚姻を行ったと言われ、国生み神話にもゆかりが深い。中央部にハート形のくぼみがあり、縁結びのパワースポットとしても人気。

■絶景DATA/見ごろ:5~11月初旬 岩の高さ:約30m イザナギとイザナミが岩の周囲を回って婚姻を行った、「天の御柱」だという伝説も残されている。

島の玄関口「沼島港」をスタート。沼島海水浴場、下立神岩、穴口、上立神岩、灯台などを巡る/沼島おのころクルーズ
  • 島の玄関口「沼島港」をスタート。沼島海水浴場、下立神岩、穴口、上立神岩、灯台などを巡る/沼島おのころクルーズ

島の玄関口「沼島港」をスタート。写真左上から反時計回りに【沼島海水浴場】7月上旬から8月中旬まで海水浴が楽しめる、知る人ぞ知る穴場のビーチ。【下立神岩】イザナミノミコトが最初に地上に降り立ったと言われる場所。かつて岩の中心に穴が開いていたが、台風で破壊され今の形に。【穴口】高さ80mの屏風岩の下にぽっかり開いた、深さ50m以上の洞穴。【上立神岩】クルーズのハイライトの一つ。奇岩のなかでも神秘的な存在感は群を抜く。【灯台】島の一番高い所に立つ沼島灯台。1961(昭和36)年に点灯された。

現役の漁船に乗ってのクルージングはここならではの体験。波に揺られながら、島の絶景を楽しもう/沼島おのころクルーズ
  • 現役の漁船に乗ってのクルージングはここならではの体験。波に揺られながら、島の絶景を楽しもう/沼島おのころクルーズ

現役の漁船に乗ってのクルージングはここならではの体験。波に揺られながら、島の絶景を楽しもう。

■沼島おのころクルーズ<住所:兵庫県南あわじ市沼島2400 電話:0799-57-0777(沼島総合観光案内所 吉甚) 時間:9:30~16:00 休み:水曜、木曜 料金:2人まで6000円(3人以上は人数により異なる) 駐車場:なし 交通:神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICより車で30分、土生港から沼島汽船で約10分、沼島下船すぐ>

おみやげも多彩なレトロな観光案内所

「沼島総合観光案内所 吉甚」は、2013年のオープン以来、沼島に関するさまざまな情報を発信する、島の観光拠点。「沼島おのころクルーズ」「観光ボランティアガイドぬぼこの会」の予約も受付。レトロな古民家に沼島の観光情報が集結し、充実したおみやげコーナーや休憩スペースも備える施設だ。

風情ある空間に沼島の情報が満載。ホッとなごめる休憩所としてもぴったり/沼島総合観光案内所 吉甚
  • 風情ある空間に沼島の情報が満載。ホッとなごめる休憩所としてもぴったり/沼島総合観光案内所 吉甚

風情ある空間に沼島の情報が満載。ホッとなごめる休憩所としてもぴったり。「吉甚」の名前の由来は、吉野甚平さんの生家だったことから。アットホームな雰囲気で観光客を迎える

上立神岩のキーホルダーやポストカードなどを販売。島のおばあちゃんの手作り「福ぞうりストラップ」(1個300円)も人気/沼島総合観光案内所 吉甚
  • 上立神岩のキーホルダーやポストカードなどを販売。島のおばあちゃんの手作り「福ぞうりストラップ」(1個300円)も人気/沼島総合観光案内所 吉甚

上立神岩のキーホルダーやポストカードなどを販売。島のおばあちゃんの手作り「福ぞうりストラップ」(1個300円)も人気。

■沼島総合観光案内所 吉甚<住所:兵庫県南あわじ市沼島2400 電話:0799-57-0777 時間:9:30~16:00 休み:水曜、木曜 駐車場:なし 交通:沼島下船すぐ>

国土創世の神を祀る「おのころさん」

「おのころ神社」は、国生みの神であるイザナギノミコト、イザナミノミコトの二神を祀る、国生み神話ゆかりの神社。社殿は小高い山の上にあって、山全体が「おのころさん」と呼ばれ、ご神体として地元の人々の崇敬を集めている。

山上に向かって続く階段を上ると、緑に包まれた境内はすがすがしい雰囲気。境内にはご神体のイザナギノミコト、イザナミノミコトの像も/おのころ神社
  • 山上に向かって続く階段を上ると、緑に包まれた境内はすがすがしい雰囲気。境内にはご神体のイザナギノミコト、イザナミノミコトの像も/おのころ神社

山上に向かって続く階段を上ると、緑に包まれた境内はすがすがしい雰囲気。境内にはご神体のイザナギノミコト、イザナミノミコトの像も。

■おのころ神社<住所:兵庫県南あわじ市沼島73 電話:0799-57-0777(沼島総合観光案内所 吉甚) 時間:8:00~17:00 休み:なし 駐車場:なし 料金:参拝無料 交通:沼島下船、徒歩15分>

航海の安全と豊漁を祈る島の鎮守の森

「沼島八幡神社」は、豊漁の神を祀り、海上安全と豊漁を祈るだんじり祭りも行われる。樹齢約200年のスダジイやタブノキが生い茂る裏山の森は、通称「八幡さんの森」と呼ばれ、手付かずの状態で残されている。

神社の森には、幕末のオランダ人・シーボルトが学会で紹介したホルトの木(ユズリハモドキ)が生い茂る。御影石の石段にも注目/沼島八幡神社
  • 神社の森には、幕末のオランダ人・シーボルトが学会で紹介したホルトの木(ユズリハモドキ)が生い茂る。御影石の石段にも注目/沼島八幡神社

神社の森には、幕末のオランダ人・シーボルトが学会で紹介したホルトの木(ユズリハモドキ)が生い茂る。御影石の石段にも注目。

■沼島八幡神社<住所:兵庫県南あわじ市沼島2521 電話:0799-57-0777(沼島総合観光案内所 吉甚) 時間:参拝自由 休み:なし 駐車場:なし 料金:参拝無料 交通:沼島下船、徒歩5分>

貴重な宝物の数々が伝わる歴史ある社

「神宮寺」は、880(元慶4)年の開基とされる真言宗の古刹。敷地内に梶原景時の墓と言われる五輪塔が立ち、梶原氏の寄進と伝えられる厨子、紺紙金泥経、曼荼羅など数々の宝物が残る。本堂裏にある神宮寺庭園も有名。

島内随一の歴史を伝える風格ある門構え。本堂の裏の傾斜地を利用した「築山式枯山水庭園」は、南あわじ市の指定史跡名勝天然記念物/神宮寺
  • 島内随一の歴史を伝える風格ある門構え。本堂の裏の傾斜地を利用した「築山式枯山水庭園」は、南あわじ市の指定史跡名勝天然記念物/神宮寺

島内随一の歴史を伝える風格ある門構え。本堂の裏の傾斜地を利用した「築山式枯山水庭園」は、南あわじ市の指定史跡名勝天然記念物。

■神宮寺<住所:兵庫県南あわじ市沼島2523 電話:0799-57-0777(沼島総合観光案内所 吉甚) 時間:9:30~16:00 休み:なし 料金:拝観無料 駐車場:なし 交通:沼島下船、徒歩5分>

ベテラン漁師が腕を振るう魚尽くしを堪能

「海鮮漁師料理 水軍」は、漁師歴約40年、海を知り尽くした大将が捕ってきた新鮮な魚介が主役の店。看板メニューの海鮮丼をはじめ、本格的な漁師料理が味わえる。目の前に海が広がる抜群のロケーションで、淡路の海の幸を満喫しよう。

旬の魚が盛りだくさんの「海鮮丼」(1500円)。捕れたてのいきのよさが味わえる、ボリューム満点の一品/海鮮漁師料理 水軍
  • 旬の魚が盛りだくさんの「海鮮丼」(1500円)。捕れたてのいきのよさが味わえる、ボリューム満点の一品/海鮮漁師料理 水軍

旬の魚が盛りだくさんの「海鮮丼」(1500円)。捕れたてのいきのよさが味わえる、ボリューム満点の一品。ゆったりとした店内には座敷席も備える。

■海鮮漁師料理 水軍<住所:兵庫県南あわじ市沼島2402 電話:0799-57-0338 時間:11:30~14:00、18:00~21:00 休み:水曜 席数:30席 ※5人以上の来店は要予約 駐車場:なし 交通:沼島下船。徒歩3分>

沼島で揚がる名産のハモ料理が自慢

「民宿・割烹 しらさき」は、民宿を併設した食事処。沼島沖500mの紀伊水道で揚がったものを特別に取り寄せるハモ料理は絶品!名物の鱧すきをメインとしたコース料理から多彩な一品料理まで、四季折々の新鮮な海の幸が堪能できる。

「鱧すき」(4320円・注文は2人から、要予約)。湯引き、天ぷらなどが付くコースは8400円から/民宿・割烹 しらさき
  • 「鱧すき」(4320円・注文は2人から、要予約)。湯引き、天ぷらなどが付くコースは8400円から/民宿・割烹 しらさき

「鱧すき」(4320円・注文は2人から、要予約)。湯引き、天ぷらなどが付くコースは8400円から。食事での利用はもちろん、民宿として宿泊もできる。

■民宿・割烹 しらさき<住所:兵庫県南あわじ市沼島824 電話:0799-57-0443 時間:11:00~22:00 休み:なし 席数:80席 駐車場:なし 交通:沼島下船、徒歩5分>

漁師イチオシの新鮮な旬の魚介が満載

「漁師の店 あさやま」は、漁師が営む民宿を併設した食事処。夏は名産のハモ料理、冬から春にかけては鯛やカニ鍋など、漁師が吟味した四季折々の海の幸が自慢だ。なかでもハモは湯引きや炙り、寿司など、多彩な調理法で楽しめる。

沼島名物ハモ尽くしを楽しめる「お昼のコース(鱧すき)」(8640円)。5~9月の期間限定なのでチェックを/漁師の店 あさやま
  • 沼島名物ハモ尽くしを楽しめる「お昼のコース(鱧すき)」(8640円)。5~9月の期間限定なのでチェックを/漁師の店 あさやま

沼島名物ハモ尽くしを楽しめる「お昼のコース(鱧すき)」(8640円)。5~9月の期間限定なのでチェックを!

■漁師の店 あさやま<住所:兵庫県南あわじ市沼島206 電話:0799-57-0920 時間:11:30~14:00 休み:火曜(予約の場合のみ営業) 席数:30席 駐車場:なし 交通:沼島下船、徒歩10分>【関西ウォーカー編集部】

※情報は淡路島ウォーカー(2016年5月17日発売号)より

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報